コクヨ鉛筆シャープTypesがおすすめ!スピードインモデル0.7レビュー

こんにちは。まあしゃです。

いよいよ12月も終わり、もうすぐセンター試験ですね!

センター試験と言えばマークシート。

マーク模試などで場数を踏み、マーク作業に慣れてはいるものの…本番となると

手が震えたり、手汗がすごかったり、鉛筆がよく折れたり、ストックの鉛筆が切れたり…

予想しないトラブルもあるものです。

そこで今回は、試験本番を快適に過ごすための製品をご紹介したいと思います。

その名も「鉛筆シャープTypes」(コクヨ)!!!

ぜひ参考にしていただけたら幸いです。



マークシートに向いている筆記具は?

まず、マークシートについて軽くお話しようと思います。

あなたがマークシートに書いた「●」は

読み取り機で読み取られ採点されるわけですが…

読み取り機によっては、普通のシャーペンの芯で書いた「●」を

うまく読み取れない場合があるのです。

詳しくは過去記事「マークシートは鉛筆以外(シャーペン・ボールペン)でも読み取り可?2bでもOK?なぜhb指定なの?」をご参照いただければと思いますが、

そもそも”鉛筆”と”シャーペンの芯”は成分が異なることが、その原因。

まとめると、

「鉛筆の芯と同じ成分」であること

そして、「HBの濃さ」を使用することが大切なのです。

つまり、「HBの鉛筆」を使うか

「鉛筆の芯と同じ成分のHBのシャーペンの芯」を使えば問題ない!ということになります。

そこでご紹介したいのが、「鉛筆シャープTypes」なのです。

鉛筆を普段から使い慣れている方なら良いですが、試験でだけ使うとなると

その細さに使いづらさを感じたり、力加減がうまくいかなかったり…

色々と不便な面が出てくると思いますが、こちらはシャーペンなので

その心配がなく快適にマークすることができるのです。



鉛筆シャープTypes、種類や値段は?

まず2018.12現在の情報として、鉛筆シャープTypesには

「クリップ&消しゴム付き」と「スピードインモデル(NEW)」の2種類あります。

▼クリップ&消しゴム付き(300円+税)

あまぞん

鉛筆シャープTypeS

引用元:https://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/pencilsharp/types/

「クリップ&消しゴム付き」はその名の通り

クリップと、繰り出し式の消しゴムがついています。

消しゴムはもちろん、100円/3本入のカートリッジがあるので安心してガシガシ使えます。

▼スピードインモデル(300円+税)

あまぞん

鉛筆シャープTypeS(スピードインモデル)

引用元:https://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/pencilsharp/types/speedin/

「スピードインモデル」は「クリップ&消しゴム付き」より、スピードや使用感を重視し

邪魔(と感じる人もいる)クリップ部分が”転がり止め”に変化。

さらに消しゴムがなくなり、キャップを開けることなく芯を補充できる作りになっています。

値段はどちらも変わらず、300円+税となっています。

スピードインモデル0.7mmをレビュー!

私は「鉛筆シャープTypes スピードインモデル 0.7mm ダークグレー」を

購入しましたので、レビューしてみましょう。

まずフォルムですが、手の大きい私でも握りやすい太さです。

ラバーグリップである上に、六角になっているのでより握りやすい!

そして、確かにクリップが(手に当たら)ないのは、快適かもしれません。

▼握りやすさの極み!

IMG_20181228_122500

てっぺんには穴が開いているので、ここからすぐに芯を補充できます。

太い/柔らかい芯はすぐに減るので、芯補充の頻度も増えますし

試験中に時間と戦っている方にとっては、ありがたい機能です。

▼穴から芯を補充!

IMG_20181228_122533

コクヨHPでは、マークシート用としては0.9mm/1.3mmあたりを推奨しているようでしたが

円を塗りつぶしてみても、特に0.7mmでも問題なさそうです。

▼手早く塗りつぶせます!ペン先もグラつきません。

IMG_20181228_122601

むしろ、マークシート以外の試験でも使用することを考えると

0.7mmの方が用途が広がっていいかなと思います。

替芯の値段を考えると、コスパも良いですし。

やはり0.9mmだと、試験には太すぎる気もする…

(あくまで個人的意見…)

▼0.7mmと0.9mmの太さの違い

IMG_20181228_122644IMG_20181228_122705

ちなみに、替芯についてですが。先程も記載した通り

「鉛筆の芯と同じ成分のHBのシャーペンの芯」である必要がありますので

マークシートで使用する場合は、専用の芯を使用するようにしてくださいね。

▼鉛筆シャープ用替芯

PSR-C2B7 PSR-CB7 PSR-CHB7 PSR-C2B7-1P PSR-CB7-1P PSR-CHB7-1P

引用元:https://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/pencilsharp/refill/

以下の価格で販売されています。

あまぞん

  • 0.7mm(2B/B/HB)40本入:200円+税
  • 0.9mm(2B/B/HB)36本入:200円+税
  • 1.3mm(2B/B/HB)16本入:200円+税




デザインが不満な方必見!可愛い限定もあります

ちなみに、鉛筆シャープ(Typesじゃない製品)には、限定柄も存在します。

女性や学生さんにも人気の、可愛いデザインのものも発売されています。

2013発売の、着脱可能クリップ付きのが個人的に好きです。

▼限定柄一覧(2018.12現在)

あまぞん

無題

引用元:https://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/feature/ldg/stationery.html#pencilsharp

いかがでしたでしょうか?

じわじわと人気のある鉛筆シャープ。魅力が伝わりましたでしょうか。

いよいよ勉強も佳境をむかえる方も多いと思いますが、

少しずつ準備を進めていってくださいね!

風邪にはくれぐれもお気をつけください!

では、今日はこの辺で。

スポンサーリンク
336*280
336*280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336*280