G.itoya(銀座伊東屋)レポート♪ボールペンをプレゼントするならコレ!

こんにちは。まあしゃです。

先日、初めて伊東屋に行って来ました!

東京生まれ東京育ちで、しかも文房具好きを謳っているのに今さら!?って感じですが(笑)

ビルの中まるまる文房具ですよ!!!

夢のようです。

ワンフロアがそんなに広いわけではないのですが、縦に長いので(12階建て+地下1階ありなので)、全部見て回ったらとても充実感がありました。

まずはフロアの紹介からしてみましょう。

12階:カフェ

11階:ファーム

10階:ビジネスラウンジ

9階:―

8階:クラフト

7階:ファインペーパー

6階:ホーム

5階:トラベル

4階:ミーティング

3階:デスク

2階:シェア

1階:センス

B1階:ホール

となっています。

これを見ただけだとあまりよくわかりませんね(笑)

なので、補足していきましょう!

本当は12階からスタートしたのですが、ここでは下から説明して行きます。



「ホール」には、所謂ザ・文房具!

まずB1階。

ここは所謂、普通の文房具屋さんと同じような雰囲気で、比較的メジャーなテイストの文房具を置いていました。

一番レジに行列ができていたフロアでもあります。

他のフロアはそんなことないのですけどね。

私も買いたいものを見つけたのですが、時間がなかったので、あまりの行列の長さに断念しました(笑)

「センス」には、グリーティングカード

次に1階。

ここには、様々なグリーティングカードが置いてありました。

いらっしゃいませ!こんにちは!

ということなのでしょうか??

美味しそうなドリンクを売っているカウンターもありましたが、この日は12階のカフェに寄ったので、また今度にしました!

「シェア」には、便箋・ポストカード・ステッカー

次に2階。

ここには、沢山の便箋やポストカードなどが並べられていました。

ステッカーも沢山あってわくわく…!!

「誰にどんな便箋でお手紙を書こうかなぁ?」

と想像しながら、店内を見て回る時間も幸せですよね。

「あの人にこの便箋を送ったら喜びそうだな!」

という代物を見つけたときはとても嬉しく、お手紙を書くのが待ち遠しくなるものです。

メールや電話で何でも済んでしまう時代ですが、自分の温かい手で温かい文字を綴りお手紙を送る、という文化がいつまでも廃れないのは、便利さだけでは片付けられない“何か”があることの証明だと思います。

ああ、お手紙書きたくなってきた。



「デスク」には、ボールペンなどのペン類&ふせんなどの机上用品

次は3階。

ここには、ペンをはじめとしてビジネスシーンで役立ちそうな文具たちが並べられています。

めっちゃ高い(○十万)万年筆とかもありましたよ…!

博物館みたいでした(笑)

数時間で名入れが完了するものもあるようですので、急ぎでプレゼントを用意したい時にも使えますね。

私は、仕事の効率は道具にも左右されると考えています。

なので、自分が使っているのを想像しながら見て回ってとても楽しかったですよ!

「こんなのあったら仕事楽しすぎて捗るだろうなぁ!」とか。

どうせ仕事するなら、大好きで有能な文具たちに囲まれて過ごしたいですものね。

「ミーティング」には、手帳・ノート・カレンダー

次は4階。

ここにはノートやバインダー、手帳などが取り揃えられています。

カレンダー(確かこの階…)も可愛いものが沢山!

自分だけのノートも作ったりできるようですよ。

ノート大好きな私にはたまりません。

手帳も、他のお店ではなかなか目にしないようなデザインのものもありました。

買っちゃおうかなーとも思ったのですが、私は手帳を何件も見て回ってからじっくり決めたいタイプなので、今回は我慢しました(笑)

また行きたい…。

このフロアも割と賑わっていましたね。

「トラベル」には、革製品

次は5階。

旅行で役立ちそうな革製品や収納グッズが並べられていました。

快適に、そしておしゃれに旅を楽しむための準備が、ここなら楽しくできそうです。

何やら大人の雰囲気に感じました。

30代(もうすぐだけど)になったらこういうものを持ってみようかな。

年齢によって持つものを変えられるのも楽しみの一つですね。

旅行好きの方はぜひ立ち寄ってみてください。



「ホーム」には、キッチン用品やアルバム

次は6階。

ここには名前の通り、おうちで使う雑貨が置いてあります。

私は、ボウルとザルが合体したようなキッチン用品(たしか2500円くらいでした)を購入。

img_20160930_074353

前々から、ボウルとザルを両方洗わなければならないのが面倒だったんですよね(笑)

ありそうでなかったキッチン用品!

さっそく使っていますがかなり便利です。

「ファインペーパー」には、洋紙・封筒

次は7階。

このフロアに入った瞬間に、

「色の種類ってこんなにたくさんあるの!?」

と思うほどの色見本が並べられていて圧巻でした。

紙へのこだわりが見てとれるフロア。

老舗の文具専門店ならではですね。

「クラフト」には、和紙・スタンプ・ラッピング

次は8階。

視界が優しいカラフルな雑貨たちであふれて、なんとも言えない幸福感。

包まれているだけで、空気を感じているだけで幸せだから、雑貨屋さんや文房具屋さんって好きなんですよねー。

たしかこの階かな?

もの作り体験のようなコーナーもありました。

時間があったら楽しんでみてくださいね。

9階はとまらないのでとばして、

10階はおそらく何か催し物をする階。

そして11階は植物を育てているようで、エレベーターを出てすぐ、室内なのに視界が緑に!

そして…



「カフェ」はそのまんま、カフェ!

そして、11階で育てた植物を12階のカフェで味わうことができるのだそうです!

スイーツ・食事・お酒・ソフトドリンク…メニューもそこそこ種類がありました。

私もカフェに立ち寄り、アメリカンソーダを頂きました!

ベリーのモヒートだそうです。

そこそこ甘いけどスッキリした味わいで美味しかったです。

img_20160929_074807

食事は、お昼を食べた後だったのでまた今度の楽しみにしました!

ついでに言うとここだけの話、食事の値段がちょいと高かった…(笑)

おいしそうでしたけど。

ああいうオシャレなカフェで食べると、より一層美味しく感じますよね。

伊東屋のボールペン!プレゼントにおすすめなのはコレ(個人的に欲しい)

●カランダッシュ 849ボールペン ハウチワカエデ

【商品名】

引用元:https://store.ito-ya.co.jp/item/49963856759491.html

なんとこちらは、伊東屋オリジナルの849ボールペン。

カランダッシュなので税込5,400円といい値段しますが、長く愛用できる1本です。

カラーチャート 革巻ボールペン

(☝製品名をクリックしてAmazonのお買い物ページに移動できます)

【商品名】

引用元:http://store.ito-ya.co.jp/category/101/49963854984701.html

税込2,916円のこちらは革巻きデザインのボールペン。

革と言っても渋い印象ではなく、カラフルでポップな色合いがとても可愛い…。

全色欲しくなります。

●伊東屋 ITOYA110 イレーサブルボールペン

【商品名】

引用元:http://store.ito-ya.co.jp/category/101/49963856161021.html

税込4,104円のこちらは消せるボールペン。

フリクションも充分可愛いし使いやすいけどこれも捨てがたい。

一見油性ボールペンのようなスタイリッシュなデザインなのに、

実は消せるというサプライズ。これ見よがしに使いたい。

いかがでしたでしょうか。

お近くに店舗がないという方は、オンラインストアもあるようなのでぜひ利用してみて下さいね。また、別館のK.itoyaレポート記事「銀座伊東屋(別館K.itoya)に行ってみた!G.itoyaとの違いは?」も併せて読んで頂ければ嬉しく思います。

では、今日はこの辺で。

スポンサーリンク
336*280
336*280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336*280