筆箱の中身が多い!最小限に減らす&シンプルにする方法/コツとは?

こんにちは。まあしゃです。

いよいよ2018年も師走に入りましたね。

大掃除をいつするか…悩んでいる今日この頃です。

大掃除と言えば(?)

あなたの筆箱は、どのくらいの大きさでしょうか?

「何本も使わないシャーペンが入っている」

「同じようなボールペンがたくさん入っている」

「なぜかでっかい消しゴムが2つも入っている」

「蛍光ペンが多すぎる」など、悩みを抱えてはいませんか?

”シンプルな筆箱”に憧れている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、シンプルな筆箱にするためのコツをご紹介したいと思います。

ネットで拝借した、素敵なシンプル筆箱の画像も少しご紹介しますので、

ぜひ楽しんで読んで頂けたら幸いです。




コツ1:筆箱そのものを小さくする

トレー式・ペンケース

引用元:https://www.herz-bag.jp/webshop/products/detail459.html

まず最初に、予め”枠”を決めてしまうのが良いです。

「この筆箱にまとめられたら素敵だなー」と思えるお気に入りの筆箱を用意できると◎

思い切って高価なものに買い替えてしまうのも、踏ん切りがついて良いかもしれません。

あとはその”枠”に収まるように中身を調整していけば良いので、

「もしかしたら近々これも使うかも…」とついつい優柔不断になりがちな中身選定において、

取捨選択を思い切ってすることができますよ。

コツ2:自分がよく使うアイテムを把握する

79a7bd6a0ae8a23f55c536fedc305ad9_s

次に、今ある文房具の中から

自分が日ごろよく使用する文房具を把握していきます。

手帳に書き込む際はシャーペンなのか、ボールペンなのか、万年筆なのか。

ノートには何色のペンを必ず使っているのか。

消しゴムをよく使用するのか。

買ってから数回しか使用していない文房具はないか。

その中で自分にとってマストなアイテムを残すようにしますが、

この段階ではかなり個人差が出てくると思います。

この時点でまだアイテムが多くても気にする必要はありません。




コツ3:1アイテム1~2個に絞る

6e718564badb69fefc83f0ef43e0afe1_s

マストアイテムの中でも、

消しゴムが2つ入っていたり、同じボールペンが2本入っていたり…

そいうった無駄を省いて行きます。

そうすることでかなりスペースにゆとりが出るはずです。

ただ、どうしても2本はないと不安だ!というもの

(学生さんなどであればシャープペンシルや鉛筆など)は、ダブっていても良いと思います。

自分にとって、

”持っていて安心できる相棒=筆箱”を作っていきましょう!

目安としては、2割くらいスペースに余裕を残すのがポイントです。

ギチギチに入れてしまうと、

せっかくのペンケースが型崩れして傷みやすくなってしまいますし、

見栄えも良くありません。

コツ4:はみ出た文房具は自宅用としてペン立てへ

bca0bb9dd90ae27c4166cc17b94ee7c9_s

なかなか使う機会がなかったり、ダブっていたりした文房具は

自宅用ペン立てを作ってそこに差しておきましょう!

自宅で作業する際にどんどん使って、消費すればOKです。

いつでも手が届くところに置いておけば、

「時間が経ちすぎてインクが出なくなった…」

なんて勿体ないことにならずに済みますよ。

年賀状やグリーティングカードを書く際に使う

水性ペンやカラーペンなども一緒に差しておけば

インテリアとして見栄えも良いですし、便利です。



コツ5:変り種の蛍光ペンを活用する

かさばりがちな蛍光ペンですが、

細身のものや、1本で2色出るものなど色々な変り種が存在します。

いくつかご紹介しましょう。


■細身でかさばらない蛍光ペン

▼テキストサーファードライ蛍光色鉛筆<ステッドラー>

(☝製品名をクリックしてAmazonのお買い物ページへ移動できます)

a

引用元:http://www.staedtler.jp/products/pen01/keikou.html

こちらはその名の通り、蛍光色の色鉛筆です。

色鉛筆なので蛍光ペンより発色は劣りますが、マーキングする程度なら事足ります。

細身で、蛍光ペンとは違って少しおしゃれに見えるのが嬉しいですね。

▼トリプラス テキストサーファー蛍光ペン<ステッドラー>

(☝製品名をクリックしてAmazonのお買い物ページへ移動できます)

aa

引用元:http://www.staedtler.jp/products/pen01/keikou.html

こちらは蛍光ペンなので発色が良いです。

ただペン先は通常の蛍光ペンより細いので、文字全体を塗りつぶすことはできません。

この黄色いラインくらいの太さなら、問題なく引けますよ!


■1本で2色の蛍光ペン

ビートルティップ デュアルカラー<コクヨ>

(☝製品名をクリックしてAmazonのお買い物ページへ移動できます)

aaaa

引用元:https://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/beetletip/dualcolor/lineup.html

こちらはコクヨから、1本で2色を使い分けることができる蛍光ペン。

スペースを半分で済ませることができるのは、かなり嬉しいです!

定番カラーの他に、裏うつりしづらいソフトカラーもあります。

ペン先の向きを変えるだけで色を使い分けることができるので、かなり使いやすい。

おすすめです。




コツ6:カスタマイズペンを活用する

aaa

引用元:http://www.pilot.co.jp/products/pen/ballpen/gel_ink/coleto/

特に学生さんなどは、ノートに色分けして文字を書く機会が多いかと思います。

でも、何本もカラーペンを持ち歩くのはかなり大変…筆箱がパンパンになってしまいます。

そこで活躍するのが、”カスタマイズペン”です。

自分の好きな色/よく使用する色のインクを、

自分の好みの軸に入れて1本のペンにすることができます。

カスタマイズペンは色々なメーカーから出ていて

本当にたくさんの種類があるので、過去に記事を書いています。

参考にしてみてくださいね。

カスタマイズペンを徹底比較!おすすめランキング(スタイルフィット・COLETO・プレフィールなど)

コツ7:コンパクトな文房具シリーズを活用する

aaaaa

引用元:https://www.midori-store.net/SHOP/142147/list.html

ハサミ/ホッチキスなど、使うアイテムが多い!という方には、

そもそもコンパクトなデザインのものを選ぶのもおすすめです。

特にミドリというメーカーの”XSシリーズ”は、

アイテムにもよりますが4~8cmと本当にコンパクト。

それでいて、性能も良いので安心して使えます。

こちらも過去に記事を書いておりますので、参考にしてみてください。

参考➡コンパクトな文房具、おすすめは「ミドリXS」!ハサミやホッチキスも便利




コツ8:かさばるものは手帳などに挟む

ふせんなどを筆箱に入れている方も多いのではないでしょうか。

そういったものを、普段持ち歩いている、例えば手帳やノートに挟んでしまうのも◎

そのまま挟むのはちょっと…という方は、

クリアポケット/カードホルダーなどに入れておけば

ふせんが汚れる心配がありませんよ。

▼クリアポケット

s

引用元:https://loft.omni7.jp/detail/4900855214248

また、のり/はさみなど挟めないけれど持ち歩きマストなものが多い!

という方は、別にポーチを用意しても良いかもしれません。

ただ、「そこにはペンを入れない!」などルールを設けておかないと、

結局、”第二の筆箱”と化してしまうので注意が必要です(笑)

ペン/万年筆の替え芯程度なら入れておいてもいいと思いますが…。

お手本にしたい!素敵なシンプル筆箱

では最後に(今回はおまけなので多くないですが…)

ネットで拝借したシンプル筆箱を覗き見て行きたいと思います。

▼使わないものは一切排除!

ss

引用元:http://www.boo3.net/kikuno/

  • <無印良品>ジェルボールペン2色
  • <ぺんてる>サインペン
  • <ぺんてる>きらり(美文字用ジェルボールペン)
  • <ぺんてる>エナージェル シャープペンシル
  • <3M>ポスト・イット ジョーブ ポータブルデザインフィルム プチケース
  • <?>消しゴム

日ごろからヘビーユーズするものだけを入れている、素敵な筆箱を発見!

消しゴムだけ裸ですが(笑)、それも考えようによってはコンパクトでまた良し…。

付せんも丸めて収納できるケースに入っているので、

ペロペロ剥がれたり汚れたりする心配がありません。

▼1本はいいものを持っておくと気分があがる!

sss

引用元:http://pmamisan.hatenablog.com/entry/2017/06/08/102150

  • <PILOT>S3シャープペンシル
  • <LAMY>safari ボールペン
  • <PILOT>コレト 2色
  • <ZEBRA>マイルドライナー グリーン
  • 定規
  • <三菱鉛筆>ナノダイヤB 0.5芯
  • USB
  • <ミドリ>CLコンパクトホッチキス
  • 消しゴム

大学生の筆箱らしいのですが、とてもシンプルで憧れます…。

LAMYのボールペンが目立っていますが、

1本良いものをもっているとなんだか気分も盛り上がります。

カスタマイズペンは、色の数が増えれば増えるほど当然ペン軸の太さも太くなるのですが、

2色程度であればかさばりませんね。

いかがでしたでしょうか?

年末に向け、部屋や持ち物など整理する機会が増えると思いますので

この機会に、筆箱の中身もシンプルに一掃してみてはいかがでしょうか。

では、今日はこの辺で。

スポンサーリンク
336*280
336*280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336*280