銀座伊東屋(別館K.itoya)に行ってみた!G.itoyaとの違いは?

こんにちは。まあしゃです。

有楽町に行って、通りすがりにまた伊東屋さんに行ってきました(笑)

本当、文房具見てると時間忘れる…。

付き合ってくれる家族に感謝です。

というわけで、今日はk.itoya(別館)のレビューをしたいと思います!

これから行ってみたいなぁと言う方行く気はないけど興味はある方、是非ご一読下さい。



フロア案内

6F:アティック

5F:ペインツ

4F:カラーズ

3F:オフィス

2F:ノートブック

1F:ペン

B1:フレーム

こんな感じです。

ちなみに、万年筆と高級筆記具はG.itoyaに移動したばかりらしいです。

訪問する際はお間違えのないよう!

img_20161118_114942

さて、フロアですが、G.itoyaと同じくこれだけ見てもイメージわかないですね(笑)

ワンフロアずつ見て行きましょう!

「フレーム」にはそのまま!額縁!

まずB1。

ここには絵を飾るためのツールが売られています。

FRAME 額装

引用元:http://www.ito-ya.co.jp/store/itoya/k-itoya/floor.html

額縁のサンプルも豊富に取り揃えられていますので、

こだわりのものを見つけられそう。

絵って額縁の印象でもかなり大きく変わるものですから、

じっくりと吟味して選びたいですね。

お年寄りの夫婦が額縁を仲良く選んでいたのが印象的でした。

品揃えもそうですが、ここにはそれが叶う、ゆったりとした雰囲気があります。

「ペン」にもそのまま!ペン!

次は1F。

img_20161118_114748

はいきました、私の大好物。

人もたくさんです。

皆さん心行くまで手に取ってボールペンを眺めたり試し書きしたり。

高級品からリーズナブルなものまでずらり。わくわくが止まらないぜよ。

もちろん名入れも相談できますので、プレゼント選びには持って来いです。

取り揃えられているペンの種類が多いので、

一つ一つ手に取ってこだわりの1本を見つけられますよ。

実際、プレゼントの相談をしているお客さんもいましたし、

お客さんの一人ひとりがわくわくした顔をしてお気に入りの1本を選んでいて、

こちらも楽しくなってしまいました。文房具が好きな人って沢山いるんですね!

ちなみにこれはペンじゃないのですが、

個人的に気になったのが入口近くに10冊くらい並べられていた文具雑誌

全部熟読したかったですが時間もお金もないので今回は断念…!

行かれた際はぜひチェックしてみて下さいね。



「ノートブック」にもそのまま!ノート

次は2F。

1階ほどごみごみはしていませんが、賑わいを見せるフロア。

ここには様々なノートがディスプレイされています。

フロアに入ったところに大きな試し書きコーナーがあったのが印象的。

じっくり見る時間がなかったのでとりあえず写真撮りました。

img_20161010_051305

ペンの試し書きではなく、紙の試し書きができるとは面白い。

(でも個人的には、全部のノート試し書きができたら嬉しかったなー。贅沢か?)

また、もちろんよく見るデザインのノートもたくさんありましたが

普通の文具店では見ないような、

アルファベットが1文字どーんと表紙にプリントされているデザインのものも。

しっかりとした作りのものなので、プレゼントとしても面白いかも。

img_20161118_114843

あとは付箋もそこそこ種類がありましたが、

特に変わったものはそこまでなかったかなという印象。

もちろん普通の文房具屋さんよりはあった気がしますが!

「オフィス」には、文房具

次は3F。

のりハサミなど、日常的によく使うような文房具たちが並んでいます。

やはり種類は多めな方かと思われます。

針を使わないホッチキス修正テープなども豊富でした。

実用的な文房具ということもあって、このフロアも老若男女で結構賑わっていましたよ!

img_20161118_114906

「カラーズ」には様々な画材

次は4F。

フロアに入った瞬間わくわくするようなカラフルさ。

img_20161118_114926

色鉛筆パステルなど。

スタンダードな色から、こんな色もあるんだ!と思う色まで豊富に販売されていましたよ。

絵を描かない私がこれだけ楽しいのだから、描く人はもうたまらないだろうなと。

と言うかむしろこれらを使いたいがために絵を描きたい。そんな気持ちにさせる景観。

レジの横には、色んな色が混ざっている、パステルのような形のクレヨン

ひっそりと陳列されていて興奮。

私が小さいときにもあってよく遊んでいたなぁと懐かしい気持ちになりました。



「ペインツ」には、絵具を中心とした画材

次は5F。

PAINTS 画材

引用元:http://www.ito-ya.co.jp/store/itoya/k-itoya/floor.html

さすが伊東屋さん、狭いスペースながら絵具もみっちり並べられています。

サイズも小さなものから大きなものまで

すごく大きな絵具のチューブがあって驚きました。

絵を描く方はこれくらい使うのだろうなぁと感心。

画用紙ボードも豊富にそろっていましたので、満足のいく一式をここで揃えられますね。

また、書道の道具もそこそこ種類がありましたよ。

「アティック」には、〇〇〇!

次は6F。

こちらは人が少なくて、店員さんも一人しかいませんでした。

様々な大きさの地球儀や、丸いオブジェがずらり。

真ん中にどーんと置いてあるソファは、アンティークな雰囲気で座り心地いとよろし。

そしてそして、隅っこに一際ビッグな地球儀が置いてありまして。

「いくらかなー?」と覗き込むとそこには

3,000,000円

の文字。

初めて、”指をさして声に出して0を数える”ということをしました。

▽ この左に写っているでっかいやつ!

ATTIC 地球儀・インテリア小物

引用元:http://www.ito-ya.co.jp/store/itoya/k-itoya/floor.html

以上、K.itoyaの紹介でした!

別館と言うと本館よりも廃れたイメージですが全然!

本館に見劣りしない品揃えの多さで圧巻でした。

最後に。G.itoyaとK.itoyaは何が違うの?

私の印象としては、K.itoyaの方がちょっとだけ小ぢんまりしてる

(浅い感想…^p^)

と言うか、雰囲気が少し違います。

G.itoyaはワイワイと沢山の人が頻繁に出入りするイメージ。

もちろんK.itoyaもそこそこ人はいますが、

比較的落ち着いて買い物できる雰囲気なのかなと感じましたよ。

G.itoyaは大通りに面していて人が入ってきやすいですが、

K.itoyaはその裏にあるので目立たないですしね。

G.itoyaを通り抜けるとすぐk.itoyaのビルがありますよ。

銀座にお寄りの際はぜひ立ち寄ってみてくださいね!

文房具好きならわくわくすること間違いなしです。

また、本館G.itoyaについては「G.itoya(銀座伊東屋)レポート♪ボールペンをプレゼントするならコレ!」をご参照下さい。

では、今日はこの辺で。

スポンサーリンク
336*280
336*280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336*280