消しゴムが折れる…割れる…予防法・対処法は?おすすめ品も!

こんにちは。軽井沢旅行で、大量のジャム・ディップをゲットしました。

img_20161003_113809

上段:りんご・イチゴ・キウイ

下段:えびアボカド・アンチョビガーリック

当分はパン生活です。下段のディップはFINE(フィーヌ)というお店で購入したのですが、クラッカーに付けたらとてもおいしいのです。店中が試食だらけで、ジャムとクラッカーで結構おなかいっぱいになってしまいました。…と、ちょっとお伝えしたい情報だったので書いてみました。

さて今回は、文房具のお悩みあるあるの一つ。

消しゴムが途中でどうしても割れちゃうんだけど!!!

というお悩みを解決していきたいと思います。

参考になれば幸いです。



消しゴムはなぜ割れるのか?

第一に、力の入れすぎが考えられます。

早く綺麗に消したい気持ちはわかります。

ですが、軽く擦っても綺麗に消えますので、力まず軽やかに紙面を擦りましょう。

第二に、持つ場所

上の方を持ってしまうと割れやすくなってしまいます。

なるべく紙面と接しているところから離れないように、消しゴムの下の方をしっかりと固定して持ちましょう。

img_20161003_113911

img_20161003_113942

第三に、消しゴムのカバー

こいつが犯人であることが多々あります。

消した際の力が加わり、カバーが消しゴムを傷つけてしまうのです。

img_20161003_114010

白い消しゴムで写真を撮ってしまったので若干見えづらくてすみません。

最近はこのように四隅が切ってあるので、力が加わって割れるといったことが少なくはなっています。

(切ってないタイプのものは自分で切り込みを入れると緩和されます。)

ですが、油断していると亀裂が入ります。

経験談から言うと、カバーから出ている消しゴムの面積大きいほど割れやすいです。

なので、なるべくスレスレのところにカバーの縁がある状態にしておくとベストかと思います。

img_20161003_114107

第四に、消しゴムの質

上記したように消しゴムの下の方をしっかりと固定して持てば幾分かマシにはなりますが、柔らかすぎる消しゴムはグニャグニャとぶれやすいです。

それだけ余計な力が加わって割れやすくなってしまうのです。



消しゴムの選び方

では具体的に、消しゴムの選び方についてお話します。

皆さんは消しゴムを選ぶ際、何を重視しますか?

  1. よく消えるかどうか
  2. 大きさ
  3. デザイン性
  4. 硬さ
  5. 消しカスがまとまるかどうか

こんなところでしょうか。

1は絶対条件ですね。

あとは、それでいて消しカスがまとまりやすく、折れにくい消しゴムを選ぶ必要があります。

先ほども述べたように、柔らかすぎる消しゴム(5であることが多い)は折れやすいと思うので、ほどよく硬いものでなければなりません。

かと言って、硬すぎる消しゴム消しカスがまとまりづらい傾向にあるので、固すぎもNG。

意外と奥深し、消しゴム選び。

img_20161116_171958

では具体的に何がいいのか?

私のおすすめの消しゴムを次に挙げておきますので、その中から2.3.6は皆さんの好みのものを選んでみて下さいね。

(残念ながら可愛いデザインのものは消えにくい傾向にありますので、ご期待に沿えなかったらごめんなさい。)

おすすめの消しゴムは?

では最後に、折れにくい消しゴムをご紹介します。やはり柔らかい消しゴムよりはコシのあるものの方が折れにくい傾向にあるようです。

プラス 消しゴム エアイン 13g 36-406(👈クリックして購入できます。)

引用元:https://www.amazon.co.jp/gp/product/B001P070GG

よく消えるかどうか:★★★★☆

大きさ:★★★★★

デザイン性:★★★☆☆

硬さ:★★★★☆

消しカスがまとまるかどうか:★★★☆☆

色:★★★☆☆

こちらも有名ですね、エアイン消しゴム。

会社でまとめて発注していたのでよく使っていました。

大きさもバリエーションがありますね。

MONOに比べるとやや硬めですが、消しカスもそこそこまとまってくれます。




サクラクレパス アーチ消しゴム60 RAF60(👈クリックして購入できます。)

引用元:https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00SIVY08Q

よく消えるかどうか:★★★★☆

大きさ:★★★★☆

デザイン性:★★★★☆

硬さ:★★★★☆

消しカスがまとまるかどうか:★★★★☆

色:★★★☆☆

軽い力で綺麗に文字が消えます。

滅多なことでは折れないのですが、秘密はケースがアーチ状になっていることと、指で押さえる部分にマークが付いていること。

消しゴムが短くなったらミシン目に沿ってケースを切れるようになっているので、最後まで快適に使うことができますよ。

コクヨ 消しゴム<リサーレ>(プレミアムタイプ) 青(👈クリックして購入できます。)

プラスチック消しゴム <リサーレ> 感動の消し心地!プレミアムタイプにストロングカラー登場!

引用元:http://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/eraser/resarepremium/

よく消えるかどうか:★★★★☆

大きさ:★★★☆☆

デザイン性:★★★★☆

硬さ:★★★★☆

消しカスがまとまるかどうか:★★★★☆

色:★★★★★

こちらも有名かもしれません。

カラーバリエーションが多いのがまず嬉しい。

そして肝心の硬さですが、コシがあるので力を強く入れすぎたりしなければ折れづらいです。

消しやすさ・まとまりやすさ含め、全体的にとてもバランスのいい代物だと思われます。

やや高めかな?と思いますが、それだけの価値はありそうですよ。

さいごに

色々な消しゴムが発売されていますが、やはり優秀なものは有名なものが多いですね(笑)

海外のものなどちょっと可愛いデザインのものを使ってみたりもしますが、消しづらかったり消しカスが細かくて全然まとまらなかったりして…改めて日本の技術って素晴らしいなと実感します。

また文房具屋さんに行ったら、新しい消しゴムを試してみます!

いいものがあればご紹介していきたいと思っています。

スポンサーリンク
336*280
336*280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336*280