ふせんおすすめ7選♡文房具好きが選ぶ!勉強でも活躍必至の精鋭たち

今日もふせんの話です!

最近ふせんの話題が続いておりますが、如何せんふせん大好きなので仕方ない。文房具屋さんに行ったら必ずと言っていいほどふせんを毎回チェックしてしまう性なのです。

というわけで、もうしばらくお付き合いくだい。

今日の記事は単純明快!おすすめのふせんをご紹介したいと思います。

これまでふせんについて何度か記事を書いてきましたが、商品についてはあまり言及したことがなかったので、ここでまとめて放出します!



よりどりふせん(株式会社ビバリー)

商品写真

引用元:https://www.be-en.co.jp/products/detail.php?product_id=2823

通常、ふせんは上から1枚ずつ使っていくしかない(無理やり途中から使うこともできるけど…)ですが、こちらは好きな柄から使用することができるようになっています。メモ帳のような感覚ですね。一つの柄しか使えないということがないので、満遍なく全ての柄を最初から楽しむことができます。

最初「よこどりふせん」に見えて興味をそそられたのですが、よりどりの間違いでした。

トイストーリー・おそ松さん・プーさん・ディズニープリンセス・ぐでたまなど色々と発売されています。

▽ トイストーリー

商品写真

引用元:https://www.be-en.co.jp/products/detail.php?product_id=2475

▽ おそ松さん

商品写真

引用元:https://www.be-en.co.jp/products/detail.php?product_id=3064

▽ プーさん

商品写真

引用元:https://www.be-en.co.jp/products/detail.php?product_id=2474

▽ ディズニープリンセス

商品写真

引用元:https://www.be-en.co.jp/products/detail.php?product_id=2824

▽ ぐでたま

商品写真

引用元:https://www.be-en.co.jp/products/detail.php?product_id=2684

他にもツムツムや不思議の国のアリス柄なども揃っています。他にもジブリやスヌーピー、ムーミンなどの柄も発売されたらいいなと個人的には思っております。今後にますます期待ですね。



メモックロールテープ(ヤマト株式会社)

NORK-25CH-6A

引用元:https://www.yamato.co.jp/products/I00000140

△ 画像のものは25mm幅×2巻。

こちらは全面くっつく、ロールタイプのふせんです。私もよく仕事中に活用していました。

これがあると、わざわざテプラでラベルを作るまでもないものに、パッとタイトルを書いてファイルの背表紙などに貼ることができるので便利なのです。

私のデスクにあるファイルのタイトルはほぼこれで書いて作っていました。

手触りは普通の紙のふせんと変わらず、粘着力もしっかりしています。

蛍光色だけで言えば他にもオレンジやグリーンもありますし、幅もバリエーション豊富なので用途に合わせて選ぶことができますよ。

▽ 25mm幅×1巻

SR-25CH-RO

引用元:https://www.yamato.co.jp/products/I00000141

▽ 15mm幅×3巻

RK-15CH-A

引用元:https://www.yamato.co.jp/products/I00000139

また、フィルムタイプも販売しています。蛍光ペン代わりに使えたり、ちょこっと手帳に貼ったり、色々な場面で役立つので重宝しています。ちなみにPLAZAで購入しました。

▽ フィルムタイプ 7mm幅×4巻

RF-7CH-6A

引用元:https://www.yamato.co.jp/products/I00000182



ポストイット カットキューブ(3M)

ポスト・イット(R) カットキューブ スター CC-32 (販売単位:1個)

引用元:http://www.3monlinestore.jp/shop/g/gJT150075946/

お次はこちら、定番のポストイット。

正方形のものも重宝していますが、このように可愛い形のものも発売されています。私はアップル・スター・ハート・スマイル・矢印の形のものを使用しています。他にも、サイズが小さめのものや、猫や吹き出しの形のものもありますよ。

値段はそこそこしますが、その分粘着力がしっかりとしているので、ふせんノートを作成する際メッセージをちょこっと書いて添えるのにも向いています。

☞ふせんノートの作り方については以下をご参照下さい。(新規ウィンドウで開きます。)

仕事編:本当に効果的なふせんノートの作り方~仕事編~

勉強編:本当に効果的な勉強方法!ふせんノートの作り方~勉強編~

ココフセン カード(カンミ堂) ※チャージ方法動画あり

cardM.jpg

引用元:http://www.kanmido.co.jp/products/cocofusen/card/lineup.html

ココフセンは、文庫本の表紙などに貼り付けて使うタイプのものですが、ココフセンカードは手帳などに忍ばせておくタイプのものです。

私ももちろん手帳に挟んでいるのですが、使い方としては、まだ確定していない予定を書き込むなどして手帳に貼って使っています。

素材は紙ではなくフィルムなのですが、文字を書くこともできるのです!

ただし、水性ボールペンやゲルインクボールペンを使うと乾きがとても遅くてにじみやすいので手が汚れてしまいます。

文字を書く際は油性ボールペンで書くようにするといいですよ。

また、リフィルがあるのも嬉しいポイント。

取り換え作業も差し込むだけなので案外簡単です。




ココサス(株式会社ビバリー)

商品写真

引用元:https://www.be-en.co.jp/products/detail.php?product_id=2951

こちらは切り取り線で切り取ることによって、そのページのどこをマーキングしたかが一目でわかるふせんです。本当にこのふせん、素晴らしいアイデアですよね…。

人気商品のためディズニーやカナヘイ、サンリオなど沢山の柄が発売されていますが、シンプルでわかりやすいのはやはりこの形・この色かなと思います。仕事で使用する際にはやはり年配の方も見るので、矢印がおすすめです。

ノーマルデザインやキャラクターデザイン以外でも、より目立つデザインのもの(▽)もありますよ。

商品写真

引用元:https://www.be-en.co.jp/products/detail.php?product_id=2944

切れるフセン(株式会社ハイタイド)

引用元:http://item.rakuten.co.jp/htdd/cn135/

こちらは自分の好きな幅に「手で」カットできるふせんです。どんなに細くても割くことができて楽しいですよ。

書き味は、ノーマルなふせんよりは少し劣るかもしれませんが、特に支障があるほどではありません。

これ1つ手帳などに挟んで持っておけば賄えるので、学生の方はもちろん、社会人でも研修に出かける際やミーティングなどで活躍しそうですね。



ペントネ(カンミ堂)

PTペントネ008.jpg

引用元:http://www.kanmido.co.jp/products/pentone/lineup.html

こちらはペンケースに入る、ペンサイズのふせんです。ミシン目を目安にしながら、自分が使いたい長さに切って使用することができます。最初は切り離すのが個人的に難しかったですが、慣れれば簡単です。

もちろんリフィルがあるので交換も可能です。(交換方法はカンミ堂HPにて)

ただ少し値段が740円+税と高いのが個人的にはネックかなと思います。ちなみにリフィルは450円+税となっています。

nicoふせん(マルアイ)

nicoふせん

引用元:http://maruai.co.jp/stationery/2013/nico.html

ラストはちょっと癒し系のふせんで締めくくりたいと思います。

取り出すと2つの柄が出てくるnicoふせん。パッケージごとペンケースに入るスリムサイズなのでかさばりません。機能としては普通のふせんと変わりませんが、使ったときにニコッと、ちょっと癒されるので勉強に使ってみると良いかもしれませんね。

【2016.3.25追記】
こちらの製品は、2017.3.25時点で生産中止になってしまっているようです。

いかがでしたでしょうか?

ちょっと前まではこんなに種類はなかったのに、いつのまにか色々なアイデアが商品化されて、ますます充実してきていることに驚かされます。これからもどんな商品が出てくるか楽しみですね。


ネットでの購入をお考えの方はこちらから。

↓↓↓






スポンサーリンク
336*280
336*280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336*280