「のり」の革命!はがせるテープ糊でふせんを手作り!文房具の進化が止まらない

先日、ダイソーに行ったのですが、ふせんコーナーでこれを買いました。

dsc_0053_1476437263537

そう、ふせんコーナーで。

蛍光色で、7.5cm×7.5cmで。

ふせんだと思うでしょ?

でもこれなんと

img_20161019_140504

!! MEMOPAD !!

そう。

メモ帳なんです!!!!!

だまされたあああああ

いや、でもちゃんと見ずに買った私が悪いんや…。

と自分に言い聞かせつつまた文房具屋さんを徘徊。




すると

こんなものを発見!!!

img_20161019_140535

はがせる(テープ)のりの存在はしっていましたが、こんなに堂々と

「ふせんが作れる!」

と書いてあるものは初めて見ました。

(これは100均ではありませんのであしからず!)

買わずにはいられない!ということで、買ってきました。

ちょうどふせんにしたいものもありますし。

いざ!

本当にふせんができるのか!?

ふせんとは

ふせんができるということは…

  • 何度も貼ってはがすことができる
  • はがした後に汚れが残らない

ということですよね。

本当にそれが可能なのか、見てみましょう。



何度貼りなおしたらへばるか実験!

貼った感じは、ベタベタしすぎない普通のテープのり

ちょっとテープ切れが悪いような気もしましたが、作業に支障が出るほどではないです。

写真に撮ってみましたがちょっと見づらいですかね。

img_20161019_140450

早速、壁に貼って&はがしてを繰り返してみます。

以下、写真は同じです(笑)

img_20161019_140425

10回目。

余裕です。

img_20161019_140425

20回。

まだ余裕。

img_20161019_140425

30回。

まだまだ余裕。

img_20161019_140425

40回目。

まだまだまだ余裕!

img_20161019_140425

50回目。

まだ全然!




img_20161019_140425

60回目。

問題なくくっつきます。

img_20161019_140425

70回目。

まだそんなに粘着力の著しい減退は見られません。

img_20161019_140425

80回目。

まだしっかりくっつきますよ。

img_20161019_140425

90回目。

ええ…まだ大丈夫。

img_20161019_140425

100回目!!!

ほぼ最初の方と変わらない粘着力…おそろしや。

こちらがばてるくらいでした…。

何度貼りなおしても、安定したちょうどいい具合の粘着力で、しっかりとくっついてくれています。

数時間放置しておいてまた貼っても変わりませんでした。

もちろん、はがしたあとも残りません

何度も貼り直す場合は、むしろ普通のふせんよりも全然粘着力がキープできると思います。

したがって、頻繁に貼り換える必要がある場合(ミーティングでホワイトボードに貼って案を出し合ったり、ふせんノートに貼って活用したりする場合)は、普通のふせんを使うよりも、もしかしたらこちらのPitタックCを使用した方が快適かもしれません。

ちなみに…

  • ザラザラした壁
  • 窓ガラス
  • 液晶画面
  • パソコン画面のへり
  • りんご
  • 冷蔵庫
  • ビニール袋
  • 段ボール

などにもしっかりくっつき、綺麗にはがれました。

先ほど何度も壁に貼り付ける実験をしたのと同じふせんにも拘わらず、です。

もちろんほこりなどがくっついてしまうと当然弱まると思いますが、それにしても驚くべき安定感です。



何枚も重ねてふせんパッドにできるか?

先ほどは壁でテストしましたが、もちろん紙にくっつけても綺麗にはがすことができますし、粘着力も変わりませんでした。

自分の好きなメモ帳や、余っている紙にまとめて塗って重ねておけば、使いたい時にすぐに使えるオリジナルふせんパッドが出来上がりますよ!

そういうちまちました作業って無心になれて楽しいですよね(笑)

意外と好きです。

無になりたい時にぜひまとめて作業してみてはいかがでしょうか。

◆2016.10.22追記

数日経ってから、作ってみたふせんパッドを確認してみました。

そしたらなんと、はがそうとすると接着面に汚くのりが付着していました…!どうやら、時間が経つと綺麗にはがれなくなってしまうようです。

というわけで、その場でふせん化することはできるのですが、ふせんパッドを作っておく、ということは難しそうです。

もし既にふせんパッドを作成してしまった方がいらっしゃいましたら、情報提供が遅くなってしまい、申し訳ございませんでした。

コスパはどうか?

こちらの商品は8.4mm×7mです。

メモ帳をふせんにするのに5センチ塗ったとして、140回使えます。

値段は250円+税。

1枚のふせんを作るのに約2円弱。

ちなみにカートリッジもありまして、そちらの値段は180円+税。

こちらで計算すると1枚のふせんを作るのに約1.4円。

通常の大判の付箋が一枚1.5円くらいとして、案外トントンくらいでしょうか。

手間を考えるともちろん普通のふせんを最初から買ってしまったほうがいいですね(笑)

ただ

可愛いメモ帳をふせんとして使いたい!

TODOリストを一時的に手帳に貼り付けたい!

ちょっとしたプレゼントにメッセージカードを貼り付けたい!

いらない紙をどうしてもふせんにしたい!

といった場合には大活躍しそうです。

※計算、間違っていたらすみません。



トンボ鉛筆のPitタックC、普通ののりとしてはどうか?

ちなみに、普通ののりとして使用したい場合は、別のもっと粘着力の高いものを使用することをおすすめします。

やはりずっとくっつけておきたい場合に関しては、少し粘着力が弱い気がします。

もちろん全然くっつかないわけではないのですが、ちょっと不安が残る感じですね。

サイズは、掌に余裕で収まる大きさなので決して大きくはありません

ペンケースに入れた時に邪魔にならないかどうかはおいておいて、持ち運びに不便ということはなさそうです。

他には、フィットヘッド(手ブレ補正機能)がついていたり、キャップ式(※画像参照)になっていて地味にかわいかったりと、過去の製品に比べて進化を遂げているようです。

オーバルボディ

引用元:http://www.tombow.com/products/pit_tack/

まだまだあるよ!はがせる糊たち

●キレイに貼ってはがせるのり(PLUS)

こちらはテープのりタイプ。7mで100円しない低価格。黄色いボディが可愛いデザインなので見た目重視派の方におすすめです。

cando_01

引用元:http://www.womaninsight.jp/archives/155266




●貼れるはがせるテープのり(ダイソー)

ダイソーからも出ています、テープのりタイプ。値段もデザインもあまりPLUSのものと変わらないので、自分ならPLUSのものを買いますが。一応こんなのもありますよということで載せておきました。

百均浪漫◆はがせるテープのり。キャップを無くさなくて便利

引用元:http://100s.siso-lab.net/plus-glue-tape-repos/

●貼って剥がせるのり(ダイソー)

これまたダイソーで売っています、今度はスティックのりタイプ。2本パックの糊が並んでいる中に、ありますあります!パッケージもまぁまぁ可愛いですし、1本約50円ということで気兼ねなく使うことができますね。

画像:貼って剥がせるのり(100円ショップ・ダイソー)

引用元:http://shouhin-kensaku.kakinota.net/blog/100kin_daiso_stick_hagaseru




●はってはがせるスティックのり(3Mジャパン)

こちらは7gで200円前後、14gで300円前後。値段が安くはないですが、なめらかで伸びが良いので使い心地は圧倒的にストレスフリーだと思います。また、こちらも重ね塗りすることで粘着力が強力になりますので仮止め以外にも使用できますよ。

スコッチ(R)はってはがせるスティックのり

引用元:http://shop.greenstation.net/catalog/ctsd.php?p_arrSel%5Bud%5D=010330308000020

●強力接着貼ってはがせるのりPitMULTI2(トンボ鉛筆)

上部が「細塗り口」、下部が「太塗り口」になっているので用途によって使い分けが可能なこちら。25gで200円+税とお手頃価格。

液体タイプなのでプラモデル作りなどにも使えるようですよ。酸を含んでいないので対象物の変色の心配もありません。

ピットマルチ2

引用元:http://www.tombow.com/products/pit_multi/

いかがでしたでしょうか?気になるものは見つかりましたでしょうか。

最初は珍しかったですが、最近では当たり前のように、貼って剥がせるのりというものを頻繁に見かけるようになりましたよね。のりの常識も変わりつつある近年。これからに更に期待です!

スポンサーリンク
336*280
336*280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336*280