勉強もおしゃれにしたい!ノートの可愛いまとめ方・書き方12選

こんにちは。まあしゃです。

もうなんやかんやで1月も後半戦。早いですね。

新しい学年に向けて勉強を始めている学生さんや、

資格などのために勉強をしている大人の方へ向けた記事を…

ということで今回は、

勉強ノートを「わかりやすく」しかも「かわいく」「おしゃれに」!まとめるアイデア

をご紹介したいと思います。楽しんで読んで頂けたら幸いです。



中学生や高校生にもピッタリ♡勉強が捗る&可愛い書き方6つ

まずは、勉強に忙しい方でも、時間をかけずに簡単にできる工夫から参りましょう。

むしろ、「これを実践するだけで、格段にノートが見やすく&可愛くなる!

というアイデアばかりです♪

①カラーペン/蛍光ペンを使う

無題

引用元:https://www.instagram.com/p/Bspf_3HAZ__/

これは実践している方も多いのではないでしょうか。

少なくとも、黒以外に赤・青くらいの色は、殆どの方が使っているのでは。

ただ、3色ボールペンだけだと味気なくて可愛くないのが現実…。

できれば好きな色のカラーペンや蛍光ペンを使った方が、断然見栄えが良くなります。

手に入りやすいもので言うと…

■カラーペン:トンボ鉛筆の「プレイカラー」

■蛍光ペン:ゼブラの「マイルドライナー」

あたりがデザインや色味が可愛く、カラーバリエーションも豊富なのでおすすめです。

また、闇雲にカラーペンをつかいまくると”何が重要か”分かりづらくなってしまうので

自分なりのルールを設けることをお勧めします。

例えば…

■覚えていて当然レベルの事項=レッド

■ぜひ覚えておきたい事項=ピンク

■ここまで覚えておけば完璧と言える事項=ベビーピンク

など。

視覚的に印象にも残りますし、おすすめです。


②文字の太さを変える

無題

引用元:https://www.instagram.com/p/Bsnd0skAq7_/

見出しなどの文字を太くして、それ以外の文字を細くする

それだけの工夫だけでも、断然ノートがスッキリして、美しく、見やすくなります。

その際、同じペンの種類(サラサならサラサ、ピグマならピグマ、等)を使うとなお綺麗。

例えば…

■タイトル:太字

■サブタイトル:中字

■それ以外:細字

など。

どこに何が書いてあるかが一目瞭然なので

過去にまとめた内容を見直したい時にも、時間のロスを防ぐことができます。


③シールを貼る

無題

引用元:https://www.instagram.com/p/BsvP__lFent/

好きなシールを貼って、重要事項を目立たせるのも簡単でおすすめです。

息抜きにもなりますし。

貼るシールは、できれば内容と関連性のあるシールの方が、印象に残りそうですね。

また、色々な種類のシールを貼るよりは1~2種類のシールに絞った方が

統一感があって可愛い仕上がりになりますよ!

ただ、シールを貼りすぎると見た目がゴチャゴチャしてしまいますし、

これまた”何が重要か”がわからなくなってしまうので

ポイントを押さえて貼るのが良いと思います。

吹き出しなどを書いて、シール(キャラクター)が喋っている風にするのも

可愛い&印象に残って良いかもしれません!






④マスキングテープを活用する

マスキングテープを活用するのもおすすめ。

ただシール同様、貼りすぎるとゴチャゴチャするので

大事なポイントにのみ絞って使うようにしましょう。

具体的な使い方としては、例えば…

▼1.タイトル部分に活用する

無題

引用元:https://www.online-marks.com

タイトル部分にマスキングテープを貼って→タイトルを書き込むと見やすくなります。

マークスからは「水性ペンで書けるマスキングテープ」という素敵な製品も出ています。

画像のように、予めフレームがプリントされた可愛いものもありますが、書く欄が少し小さいと感じる方もいるかも…?

そういう場合はレギュラーデザインのものを、好きな長さにカットして使うのをおすすめします。

また、有名どころの「mt」も

油性ペンで文字を書くことができますので、好きな長さに切って使うことができますよ。

▼2.インデックスとして活用する

無題

引用元:https://instagrammernews.com/detail/1897086356125690663

インデックスとして使ってしまうのもおすすめ。

ただ、これもまた統一感があった方がかわいいので

バラバラと種類の違うマスキングテープを使うよりも、

1~2種類のマスキングテープを使った方が良いかもしれません。

▼3.縁取りしてみる

IMG_20190118_120525

飛び出すインデックスも、ページを開きやすくて良いですが

飛び出さずにページを目立たせる方法もあります。

方法は、ノートの縁にマスキングテープを貼る(仕上げに角を切る)だけ。

マスキングテープをたくさん使うので、それでも構わないという方はぜひ試してみて下さい。


⑤ふせんを活用する

無題

引用元:https://www.instagram.com/p/Bsp_Hi4AW0V/

目立たせたい部分に、ふせんを活用するのもおすすめです。

よく見る四角いふせんもカラーバリエーション豊富なので

充分可愛い(&面積が広いので使いやすい)のですが

それでは物足りない!という方は、デザインふせんを使うのも◎

剥がれるのが心配…という方は、全面糊付けしてしまいましょう!

▼かわいいふせん…見てるだけで楽しい♡

引用元:https://hello-iroha.com/new_item/aiueo_fusen/


⑥カラーペン&白ペンでデコる

無題

引用元:https://www.instagram.com/p/BLcXMo0DJBK/

こちらは少し手が込んでいるので、余裕のある方のみ…になってしまいますが

カラーペンの上から白ペンで模様を書くという方法。

ちなみに白ペンは、三菱鉛筆の「ユニボールシグノ」ホワイト

発色やインクの出が良いのでおすすめです。私は1.0mmを愛用しています。

タイトル部分重要事項などの縁取りとして…この方法をマスターすれば

とても可愛い仕上がりのノートになりそうです。



華が出る♡ノートに可愛いイラストを添えてみよう

お次は、少し時間がかかるので本当に余裕のある方のみ…になってしまいますが

自分でイラストなどを描いてノートを可愛くする方法です。

とは言え、中でも比較的描きやすい(描くのに時間がかからない)見本を集めてみました。

もっと可愛くて見やすいノートを追及したい!という方は是非チャレンジしてみて下さい。

①フレーム

フレームのイラスト

引用元:https://ballpen-illust.net/chapter2/chapter2-6/

タイトル重要事項暗記事項などをフレームで囲むだけで、断然見やすくなります。

「暗記事項はこのフレーム」などと決めておけば、より印象に残りやすそうですね。

後で見返した時にも、迅速に内容の確認がしやすいのでおすすめです。


②見出し

無題

引用元:https://satominjournal.com/idea-title/

見出しタイトルに、手書きで一工夫加えるのもおすすめ。

手書きなので、文字数も自由がききます。

画像はゼブラの「マイルドライナー」で描いている見本ですが、

淡い色合いで可愛いですよね。マネしたくなるアイデア満載です!


③吹き出し

ふきだしのイラスト

引用元:https://ballpen-illust.net/chapter2/chapter2-6/

重要事項暗記事項を目立たせるのにおすすめ。

絵が苦手な方は、シールに頼っても全然OK!吹き出しだけなら簡単ですね。

黒ペンで描いてもいいですが、カラーペンで描けばより目立つ&可愛くなります。


④ライン

飾り線のイラスト1

引用元:https://ballpen-illust.net/chapter2/chapter2-5/

項目と項目の区切りとして、またタイトルの下に装飾として描けば、おしゃれ度アップ。

個人的に描くのがちょっと面倒に感じてしまうので、ノートにはあまり描きませんが…

画像のように、比較的楽に描けるようなデザインのラインもたくさんありますよ♪


⑤オリジナルアイコン(ルール化)

IMG_20190118_120543

■テストに出る部分に「テスト」のアイコンを描いてみたり…

■暗記事項の部分に「鉛筆」のアイコンを描いてみたり…

自分なりのルールを作って活用するのも、ノートがわかりやすく&可愛くなるのでおすすめ。

どのアイコンにどんな意味があるのかが、後でわかりやすいように

ノートの最初のページにメモしておくとより親切ですね。


⑤フォント/文字修飾

引用元:https://www.wakibungu.com/wct/mojiarrange/

タイトルなどのフォント自体に工夫を加えてしまうのも、とても可愛いのでおすすめ。

カラーペンで文字を描いて→その縁を黒で囲うだけでも、印象的な仕上がりになります。

太めに、大き目に、思い切り描くのがポイントです。



そもそも…可愛い字を書く方法・コツはある?

最後に、可愛い・綺麗な字を書くコツについてお話したいと思います。

もちろん”意識して綺麗な文字を丁寧に書く”に越したことはないのですが

勉強している身としては「そんなこと言ってられない!」という場合もあると思います。

そこで、今すぐ簡単に改善できるポイントを、5つだけご紹介します。

①ゲルペン/水性ペンをつかう

IMG_20190118_120601

普通の油性ボールペンは、どうしても

インクの出にムラがあったり(かすれたり)文字の太さに迫力がなかったりします。

なので、ボールペン派の方はゲルインクペンor水性ペンを使用することをおすすめします。

インクの出が良くて(均一で)そこそこ太い文字が書けるペンの方が

文字が綺麗に見えるのです。

また、ちなみに、ゲルインクペンの方がインクの減りが早いので

「勉強を頑張ってる感」を演出できる…というおまけもついてきます(笑)

ペンのインクがなくなると謎の達成感がありますよね。


②文字の大きさを揃える

無題

引用元:http://bujo-seikatsu.com/2017/09/20/index-2/

文字の大きさを揃えることも、可愛い文字を書く上で欠かせない条件。

漢字は気持ち大き目でもよいですが、

ひらがな・カタカナあたりは同じ大きさで書いた方が可愛くみえます。


③行の真ん中に書く

無題

引用元:https://www.instagram.com/p/BsvMaGDAVhp/

罫線ノートや方眼ノートの場合、

行の真ん中に字をまっすぐ揃えて書いた方が綺麗に見える気がします。

最初は意識しなければいけないので難しく感じるかもしれませんが、

慣れれば力まなくても、上手く書けるようになりますよ。


④持ち方を安定させる

私は日によって&筆記用具によって持ち方が変わってしまうので

イマイチ自分の文字が定まっていないです…。

手も疲れるし、肩もこるし、よくないですよね…。

なので、色々なペンの持ち方をする方がいますが、

とにかく自分が「一番書きやすい」と感じる持ち方を確立させましょう!


⑤手に合った筆記具を使う

手の大きさもそうですが、グリップ部分の構造など

自分の手に合った筆記用具を使うことも

安定した綺麗な文字を書くのには欠かせない条件です。

「何これ書きやすい!」「字が綺麗に書ける!」

と感じる筆記用具に出会ったら、見逃さないように!

長い付き合いになる1本かもしれませんよ♪

いかがでしたでしょうか。

あまり時間をかけてノート作りをするのは本末転倒ですが…

ノートを開いたときに「今日も頑張ろう!」と思えるような

おしゃれでかわいいノート作りを、簡単に楽しんでみて下さいね。

後で見返した時にポイントがわかりやすく、頭の整理を助けてくれるような

素敵なノートが完成しますように!

では、今日はこの辺で。

スポンサーリンク
336*280
336*280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336*280

コメント

  1. 田邊春恵 より:

    今回の記事可愛かったです!
    参考にしてみます!
    ありがとうございました!

  2. 匿名 より:

    ノートを可愛くしたい‼️(`・ω・´)
    …と思っていたところだったので、
    とても役に立ちました。
    有難うございます♬

    • まあしゃ より:

      匿名さま
      コメントありがとうございます。
      ノートを可愛くすると、ヤル気も上がりますよね♪(というか書く過程が楽しい…)
      素敵なノートが完成しますように!