缶ペンケースを自分好みにしたい!シンプルからデコまで♡

こんにちは。まあしゃです。

あなたは、缶ペンケースを使ったことがありますか?

金具の留め具が付いているものや、2段・3段になっているもの、

様々な模様がプリントされているものなど、そのデザインは多岐にわたります。

私が中学生の時にとても流行っていた気がしますし、私自身も使っていました。

授業中に落とすとガシャーーーン!とかなり大きな音がして目立ってしまうんですよね。

中身は散乱するし、拾っている間、恥ずかしいのなんの。

それでも使うのをやめられないのは、やっぱり可愛いから、

もしくは使いやすいからなんですよね。

蓋の裏側にふせんを貼り付けたりできますし、

鞄の中に入っていても硬いので取り出しやすい

そこまで容量があるわけではないので、使う筆記用具を最低限に絞って

厳選したものを持ち歩くことができ、故に目的のものを取り出しやすい…

などなど、メリットが沢山あるのです。

今日はそんな缶ペンケースの魅力に迫ってみたいと思います。



デコレーションも豊富!人とは違う自分だけの缶ペンケース♡

女性、特に学生の皆さんは、「可愛いものを身につけたい♡」と常に思っていますよね。

私もそうでした。

男性も、かっこいいものを身の周りに置きたいと思っていることでしょう。

共通しているのは、それは誰にどう見られたいからとかではなくて

単に自分の気分が上がるから(笑)。

どこか一味…いや二味、人と違うものを持ちたい!

そう思う方も少なくないのではないでしょうか。

でも、その辺で容易に手に入るようなものは人とかぶりそうで嫌で…

なかなか気に入るものも見つからなくて…

そんなもやもやがあるものです。

img_20161115_181002

そんな方は、自分でデコレーションしてみるのがおすすめです。

このチャプターでは、デコレーション方法をいくつかご紹介していきます。

img_20161115_181041

①ステッカー・シールを使う

これは簡単です。自分の好きなステッカーやシールを買って貼るだけ!

ただし、小さすぎるシールはいつの間にかはがれてしまう可能性がありますし、

あまり目立たないため見栄えもしないので、

個人的には思い切って大きめのステッカーやシールを貼るのがおすすめです。

▽ どどーん!と大きいステッカーを貼るのもかっこいい。大きいステッカーの使いどころです!女性なら可愛いテイストにして、マニュキアでアクセントを加えてもいいですね。

無題

引用元:http://safehouse2.blog82.fc2.com/blog-entry-945.html

▽ 名前のシールを貼るだけでもシンプルで可愛い。好みで周りに更にデコレーションを加えても素敵ですね。

無題

引用元:http://minkara.carview.co.jp/userid/1337605/blog/26650250/

▽ 大き目のステッカーをペタリ。テイストを統一するとおしゃれに見えますね。

引用元:https://twitter.com/EpicXxvii




②マスキングテープを使う

出ました万能マスキングテープ。好みのものを貼り付けるだけで

簡単に、オリジナリティ溢れる缶ペンケースが出来上がるのでおすすめです。

単一のものを並べて貼ってもいいですが、色々な柄・色々な幅のものを用意すると

より楽しく、可愛いものに仕上がりますよ。

1P basic

引用元:http://www.masking-tape.jp/lineup/mt/1p-basic/

例えば、違う柄のものを短く切って交互に貼ったり、細いものや柄ものを挟んだり

シールをちょこっとアクセントに貼っても可愛いですね。

敢えてマスキングテープの端を少しだけ重ねたり、

まっすぐ貼らずに斜めにしたりしてみると、ルーズ感が出て素敵です。





③ビジューやガラスタイルを使う

これはシールやマスキングテープと異なり

ピンセット・接着剤を必要とするデザインで、ちょっと手間がかかります。

手間と時間を惜しまない、根気のある方はぜひやってみて下さい。

デザイン性も問われると思いがちですが、意外と並べるだけだったりするので

思っているよりはハードルは高くないと思いますよ。

▽ 最近は100均でも販売されているガラスタイル。様々な色のガラスタイルを無造作に並べて貼り付けるだけでキラキラと目立つ仕上がりになりますし、2色を交互に並べるのもおしゃれですね。予め横にいくつ、縦にいくつ並べるかを計算しておくと失敗がありません。

引用元:http://yaplog.jp/2010316/archive/194

▽ 大きめのモチーフを散りばめ、細かいものを間に隙間なく貼りつけていて手が込んでいます。ところどころにお花のモチーフが入っているのも目を引きますね。

無題

引用元:https://www.iichi.com/listing/item/898999



缶ペンケースに印刷できる!?ワンランク上のデザインを目指そう

ここまで色々とご紹介してきましたが、

これが最も簡単に、しかも破損などの心配なくオリジナリティを出せる方法かと思います。

自分の好みの柄や写真を、ペンケースにそのままプリントしてしまうのです。

方法としては、自分の好きな画像や写真を缶ペンケースに印刷してくれる

SHASHIN GIFTというサイトがあります。

そのサイトから引っ張ってきた画像ですが、

このような感じで綺麗にプリントすることができます。

▽ 花柄も綺麗な発色で文句なしですね。きちんと縁までプリントしてくれるので安っぽく見えないのも地味に嬉しい。

缶ペンケース オリジナル

引用元:https://www.shashingift.jp/products/%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%B3%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B9

▽ 写真も然り、端までプリントされるのでチープ感がありません。

フルカラープリント 筆箱

引用元:https://www.shashingift.jp/products/%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%B3%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B9

サイズと価格は以下の通り。(2016.11時点)

  • クラシックペンケース 4,500円
  • A5ボックス 4,600円
  • A4ペンシルアソートボックス 4,900円

ちょっとお高めで、しかも送料も1,000円近くかかりますが、

1つから受け付けているので個人でも印刷可能なのが有難い。

どうしてもオリジナル缶ペンケースを作りたい!という願望がある方にはおすすめです。

プレゼントにしてみてもインパクトがあって良いですね。



シンプルに無地も素敵!缶ペンケースを渋く使いこなす

シンプルにかっこよく缶ペンケースを使いたい方におすすめなのがこちら。

大きくてシンプルな缶ペンケースだと

あまりスタイリッシュなものがないのが現状かと思いますが、

強いて挙げるならばおすすめは以下の2点。

容量はあまりないけれど見た目がシンプルで、

且つ使いやすいものをラインナップしてみました。

ご参考までに。

ベンディンペンケース/ペロカリエンテ

(☝製品名をクリックしてAmazonのお買い物ページへ移動できます)

引用元:http://item.rakuten.co.jp/plywoodfurniture/16930007?scid=af_pc_etc&sc2id=342088038

▼アルミペンケース/無印良品

アルミペンケース

引用元:http://www.muji.net/store/cmdty/detail/4547315398270

飛行機に乗るときはどうすればいいの??

9f6cb09986ad0ce18f9a44410eb87a22_s

缶のペンケースとなると、ちょっと心配になってしまうのが飛行機。

持ち込み不可ということはありませんので、もちろん持って行ってOKです。

特に、預ける荷物(X線)に入れる場合は問題ないのではないでしょうか。

しかし、手荷物(金属探知機)を調べる際はなんとなく不安になってしまうものですよね。

そういった場合は、自分の番が回ってきた際に予め、調査員に一言伝えるとよいですね。

対応としても、中身を見られるだけで通過できると思います。

ただしハサミやカッターなどの刃物が入っていると、

例え文房具とは言え没収されてしまうので気を付けましょう!



ゴミに出すときは何ゴミ扱いか??

076728

大事に使ってきた缶ペンケースでも、いつかはボロボロになってしまう時がきますね。

そういう時は、感謝しつつ処分をしましょう。

不燃ごみで捨てるという方も多いようですが、

できればリサイクルゴミとして出すのが理想です。

各自治体の指示を確認するようにして下さいね。

いかがでしたでしょうか。

缶ペンケース、久しぶりに使いたくなってしまいました。

装飾の仕方次第で全く別物に仕上がるので、

色々なデザインのものをいくつも作りたくなってしまいますね。

大きいホームセンターや100均などでデコレーション用パーツを購入して、

オリジナル缶ペンケースを作ってみてはいかがでしょうか。

では、今日はこの辺で。

スポンサーリンク
336*280
336*280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336*280