手帳(マンスリー・ウィークリー)のかわいい・見やすい書き方9選

もう世間は来年の手帳選びの季節。

文房具屋さんや本屋さんへ行けば、手帳を熱心に選んでいる女性をよく目にします。

(そういえば男性は女性ほど見かけないかも…)

皆さんはもう使いたい手帳を購入できましたか?

私は来年1月から、1日1ページ手帳の代表であるほぼ日手帳を始めてみようと思っています。今からワクワクです!ちなみにカズン(A5サイズ)を購入しました。ずっしり。

引用元:http://www.1101.com/store/techo/2016/articles/guidebook/

それはさておき!

それぞれせっかく吟味して購入した手帳。せっかくなら可愛く素敵な上に見やすい手帳=女子力の高い手帳に仕上げていきたいですよね。

一年の終わりに見返して、「あぁ、なかなか充実したいい一年だったな」と思える手帳にしようじゃないですか!

と言うわけで今回は、手帳の可愛い書き方・見やすい書き方のコツについてお話してみたいと思います。何か少しでもヒントになればと思います。



色分け方法その1:多色ボールペンで書く

引用元:http://wol.nikkeibp.co.jp/article/special/20101019/108945/?rt=nocnt

最初に色分けについてお話します。

まずは、多色ボールペンで色分けをする、一番オーソドックスな方法です。実践している方も多いのではないでしょうか。

多色ボールペンと言えば黒・赤・青(・緑)のものが主流ですが、近頃はカスタマイズペンも増えてきているので好きなデザイン&色を自分で選択できるようになりましたね。本体デザインも大人っぽいものからポップなものまで様々。より手帳ライフを楽しむことができるようになりました。

例えば黒は誕生日など固定の予定、赤は仕事、青はプライベートという風に分けても良いですし、ひとひねり加えて黒をメインの色にするのではなく、青をメインの色にしてみたりしても良いですね。そうすることによって、印字されている文字と同化しないのでより見やすくなるのです。

▽青メインにするとこんな感じ

Point1

引用元:http://wol.nikkeibp.co.jp/article/special/20091109/104765/?P=2

☞おすすめの多色ボールペンについては「手帳は色分けのルールが肝?学生や主婦、仕事におすすめのペンとは」をご参照下さい。(新規ウィンドウで開きます。)




色分け方法その2:蛍光ペンで囲う・なぞる

次は、蛍光ペンで色分けをする方法です。

言わずもがな、蛍光ペンを持ち運ばなければならないというデメリットがあります。ですが、蛍光ペンでラインを引くのは自宅でするようにするとか、手帳を持ち運ばないとか、そういった方には向いていると思います。

方法としては、例えばプライベートはピンク、仕事は青など、予め仕事・プライベートなどルール化したい項目と色を割り振っておきます。あとは文字を書いて、それを目立たせるために蛍光ペンで色を塗るだけです。

色の塗り方は…

▽ 枠で囲っても良いですし、

Zebra Kirarich Glitter Highlighter - 5 Color Set - ZEBRA WKS18-5C

引用元:http://www.jetpens.com/Zebra-Kirarich-Glitter-Highlighter-5-Color-Set/pd/14295

▽ 文字の上をなぞっても良いですね。

手帳の色分け

引用元:http://inspi-news.com/article/img/2015/07/27/172/1446.html

ただし、後者の文字の上からなぞる場合は、蛍光ペンが滲みにくいペンを選択する必要があります。いくつか試してみたので参考にしてみて下さい。

img_20161126_112438

印象としては、やはりゲルインクボールペンよりも、無印良品やBICなど油性ボールペンの方が滲みませんね。すぐにインクが乾く&水に強いという点もメリットではないでしょうか。

また、フリクションに抵抗がない方であれば、筆記用ペン&蛍光ペンの両方にフリクションを使えば完璧!特に滲むこともなく綺麗に書くことができましたよ。これで予定を消したい時も文字とラインを一気に消すことができるので楽ですね。

☞滲みにくい蛍光ペンについては「おすすめ文房具!にじみにくいクレヨン風の蛍光ペン」をご参照下さい。(新規ウィンドウで開きます。)




色分け方法その3:ふせんにペンで文字を書く

引用元:http://www.kanmido.co.jp/news_2015/0914_10min.html

未確定の予定は、手帳にペンで書き込むのに抵抗がありませんか?

もしその予定がなくなったら…もしその予定がずれたら…

修正ペンや修正テープで書き直さなければなりませんよね。そうなると少なからず手帳が汚くなってしまう気がして嫌なものです。そういった方におすすめなのがこの方法。

色分けができる上に、手帳も汚れない!一石二鳥とはこのことです。

まず使うペンは黒など1色にして、文字を書くことのできるタイプのふせんに文字を書いて貼るだけ。

ちなみにその際、ペンは断然油性ボールペンがおすすめです。ゲルインクや水性インクだと乾くまでに時間がかかってしまいますし、乾かないうちに手帳を閉じてしまうと反対側にインクが付着して汚れてしまいます。なので、もしそれらインクをどうしても使いたい場合はふせんを紙製のものにして下さいね。

▽ 書いてしばらく置いても、フィルム×ゲルインク・フィルム×水性インクだとなかなか乾かない…。

img_20161126_112504

またこの方法は、未確定の予定を管理するのにも非常に向いています。その時点で予定している日程の部分にふせんを貼っておけば、万が一リスケしてしまった場合でも貼りなおすだけで良いので楽ですし、修正ペンや修正テープは必要ありません。したがって、手帳も汚れませんよね。

普通に手帳に文字を書くよりも、もしかしたらこちらの方がスッキリして見やすい気がするので、個人的にはおすすめです。はがれづらく見た目も可愛いので、油性ボールペンを使用する場合であればフィルムタイプがおすすめです。いくつかピックアップしておきますね。

ポスト・イット ジョーブ ポータブルデザインフィルム 38x12mm 20枚x4 PDF-D(👈クリックして購入できます。)

引用元:http://item.rakuten.co.jp/officeplaza/pdf-bn/

文房具屋さんで見かけたことがあるのではないでしょうか。可愛いデザインが多くバリエーションも豊富なので目立ちますね。ケースに入っているので、ペンケースに入れて持ち運びやすいのが嬉しいです。




coco fusen(ココフセン)【ブルー】 CF-1001(👈クリックして購入できます。)

引用元:https://www.kanmido-ec.jp/store/index.php?dispatch=products.view&product_id=289

「文房具好きが選ぶ!おすすめふせん7選♡勉強でも活躍必至」でもご紹介していますが、カートリッジがあるふせん。手帳にも挟みやすいデザインなのでおすすめです。

スリーエム:ポスト・イット ジョーブ フィルム見出し 混色5色 688NEH 19056(👈クリックして購入できます。)

ポスト・イット® ジョーブ製品 (しるす) フィルム見出し 画像

引用元:http://www.mmm.co.jp/office/post_it/list14/688.html

デザインはシンプルでいいからとにかく目立たせたい!という方にはこちらがおすすめ。シンプルなので視界がごちゃごちゃしません。色も蛍光ペンのようなのでくっきりと予定を際立たせることができますよ。

シールを貼る

引用元:http://www.midori-japan.co.jp/products/2014_14.html

誕生日にはケーキのシール。

温泉旅行にはお風呂のシール。

ジムの日には走っている人のシール。

などなど。

ここでもぱっと見てぱっとわかるを意識しましょう。視覚的に脳にすっと入ってくるように、なるべく内容と関連付けたシール選びができると良いですね。

手帳用のシールも沢山販売されていますので、文房具屋さんで選ぶのもこれまた楽しい。ここぞ!と言う日にのみシールを使うのも目立って良いですよ。

▽ オジサン柄シール(ミドリ)

引用元:http://www.midori-store.net/SHOP/82275006.html



マスキングテープを活用する

例えば旅行など連日のスケジュールの場合。

ペンでびーっと矢印を引いて「旅行!」と書くだけでもよいですが。

マスキングテープを貼ってその上に「旅行!」と書くだけで、とても目立ちます。

ACM-julyi

引用元:http://acreativemint.typepad.com/a_creative_mint/2011/08/tokyo-and-neon.html

可愛い柄のマスキングテープを選べば待っている間のウキウキが増しますよ!

余っているマスキングテープでも良いですが、これから選ぶ場合は文字が目立つ色の、且つ書きやすい材質のマスキングテープを選んでみてくださいね。手帳がもっさりしてしまう&重くなってしまうので、あまり分厚くないものがおすすめです。

 一年と、一か月ごとの目標を掲げる

ここからは、手帳を有効に活用するためのコツをご紹介します。

まず一つ目は、タイトルの通り。一年の目標や、一か月の目標を明記することです。

そうする(区切りを意識する)ことによって、その期間がいつの間にか過ぎ去っていた…という悲しい思いをせずに済みます。

img_20161031_102958

例えば…

  • 絶対にいちご狩りに行く!
  • 2kg痩せる!
  • 〇〇君と付き合う!
  • レポートを終わらせる!
  • 新規契約を3件獲得する!

などなど。

プライベートでも仕事や勉強でも、なんでもいいのでその年や月に実現したいことを書いておきます。

文字として書くことによって覚悟ができますし、毎日目にすることで実現した時のイメージがわきやすくなります。

もちろん、書くだけでなく具体的に何をすべきかは都度自分で考えて実践していかなければなりませんが、具体的な目標を目に見える形で宣誓しておくというのも大切ですよ。



イヤースケジュールを活用する

img_20161031_102936

このようなページがある手帳があります。

一年をまるまる一目で認識できるようなものです。

ただこちらは書く欄が少ないので、活用の仕方にも制限があります。推奨するのは、一年間を通して目指す目標に、向かうまでの過程を記録するという使い方です。

例えば、一年後に6kg痩せていたいという目標を立てたとしましょう。

その時、一か月に何キロ痩せている必要があるのかを計算して、それぞれの月の下部に月ごとの目標を記しておきます。

あとは毎日ダイエットをしながら毎日体重を計り、日ごとの欄に体重を記録していくだけです。

体重でなくても、貯金や売り上げなどの記録でもいいと思います。

自分の目標に合った使い方ができるとよいですね。

マンスリーページを活用する

マンスリーページは、一か月を一目で見ることができて便利ですね。

先ほども記述した通り、一か月の目標に向かってその月に何をすべきか計画を立ててみましょう。

例えばいちご狩りに行く!という目標があった場合。

  • いつまでにメンバーを集めるのか。
  • 日程はいつにするのか。
  • いつまでに予約が必要なのか。
  • 支払いはいつするのか。

順序立ててそれぞれ期限を設け月末までに完結するように計画を立てます。

あとはそれに従って行動していくだけです。

また、仕事とプライベートを見やすく分けるコツとしては、色分けの他にも方法があります。社会人ともなるとほぼ毎日仕事なので、色分けしただけでは見づらいこともありますよね。

そこで、一日の枠の真ん中に横線を引き、上下で仕事とプライベートを分けて書き込んでみましょう。その上で更に色も分けるととても見やすいですよ。

ウィークリーページを活用する

私自身、マンスリーページは先ほど記述したような使い方をしています。

ではウィークリーページはどうかと言いますと…

img_20161031_102903

左に、その日に食べたものとカロリーを書いています。

右にはその日あったことを短い日記のような形で書いています。

(恥ずかしいので空欄ページを使っています!)

なので、予定はマンスリーページのみで管理しています。その方がページがばらけないで見やすいためです。ページがばらけなければ見落としも減ります。

ただこれは好みです。マンスリーページは文字が小さくなって嫌だという方はウィークリーページをメインで使用してもよいと思います。使いやすい方法で統一できれば問題ないと思いますよ。

いかがでしたでしょうか?

手帳を可愛く&賢く使って、一年を有意義なものにしていきましょう!

スポンサーリンク
336*280
336*280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336*280