ドイツ・フランスの文房具メーカー♡かわいい万年筆6選

こんにちは、まあしゃです。

LAMY(ラミー)の2019限定版が発売されましたね!

私は早々にネットで予約して、買ってしまいました(笑)

伊東屋さんではなんと、それに伴ったドリンクが発売されているようで

「最近伊東屋行ってないなー行きたいなー」とうずうずしている次第です。

▼ヨーグルトテイストのスムージー!飲みたい…

無題

引用元:http://picdeer.com/drink_itoya

最近また私は万年筆・ローラーボールペンに凝っていて、

コレクションを眺めてはニヤニヤしています。

そこで今回は!かわいい&おしゃれなデザインの

万年筆(ローラーボールペン)をご紹介したいと思います。

今回はドイツ・フランスのメーカー製品に絞っていますので、

興味がある方は是非読んでニヤニヤしてみてくださいね。




■サファリ/LAMY(ラミー)

あまぞん

無題

引用元:https://www.bundoki.com/?pid=142320080

冒頭で話した有名どころのLAMY(ラミー)も、ドイツのメーカー。

有名で人気があるので、文房具屋さんには必ずと言っていいほど

製品が陳列されています。目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

画像の「サファリ」というシリーズは、カラフルなラインナップで

若い方から大人の方まで幅広い人気を誇っています。

ただ、ローラーボールペンのカートリッジは1本500円くらいして高価(そのわりに質が…)なので

それが気になる方は、万年筆を選んだ方が良いかもしれません。

万年筆のカートリッジは5本500円なので気軽に購入できますね。

また、ローラーボールペンよりも万年筆の方が、インクの色も多いのでおすすめです。

▼カートリッジは7色

あまぞん

無題

引用元:http://www.lamy.jp/ink-refills.html

▼コンバーター用は10色

あまぞん

無題

引用元:http://www.lamy.jp/ink-refills.html

軸(持つ部分)が指の形に合わせてへこんでいるので、とても持ちやすいです。

手が大きい私でも持ちやすいくらいの、ちょうど良い軸の太さ

毎年出る限定色も本当に素敵な色ばかりなので、

見せびらかしながら(見てないだろうけどw)カフェで書きものとかしたくなります…。


■スカイラインスポーツ/kaweco(カヴェコ)

あまぞん

無題

引用元:https://www.rakuten.co.jp/?l2-id=shop_header_logo

こちらはいつも持ち歩きたくなるような万年筆(ローラーボールペンもあり)。

カバンに1本ポイと入れておくと、なんとなくコスメのようにも見える。

キャップはひねらないと(回転させないと)開かないようになっているので安心です。

キャップをしている時は約101mmとコンパクトながら、使用時には132mmになるので

手の大きな私でも書きづらさは一切感じません。

小さい(細すぎる)筆記用具は、使いづらさを感じることがありますが、

このシリーズはそんなことを感じさせない素敵アイテムなのです。

ホワイト、ミント、マキアートあたりの色がなんとも可愛い…。

でも値段が税抜3,000円程度と安くはないので、ミントだけで我慢中。

インクカートリッジはヨーロッパタイプでOKです。

リーズナブル&手に入りやすいので助かります。





■パケオ/kaweco(カヴェコ)

あまぞん

無題

引用元:https://neuewebstore.shop-pro.jp/?pid=126478086

こちらも同じく、カヴェコの「パケオ」という万年筆。

サイズは打って変わって、収納時約140mmー使用時約161mmと大き目

でも重さは14gしかないので、書いていても全然疲れません。

カラーは上から

オールドシャンブレー・バッドテイスト・コットンキャンディー・インディアンサマー

の4種類。キャップと本体の色が違ってとてもおしゃれ…!

これも値段が税抜2,000円なので、今のところ私はコットンキャンディーのみで我慢中。

次はオールドシャンブレーを狙ってます。

こちらもインクカートリッジはヨーロッパタイプでOK。


■RHEITA(レイタ)

無題

引用元:http://harukazesha.com/news/rh_005_3.jpg

こちらはレトロなデザインの万年筆。値段は税抜1,600円程度

ブルー・レッドの軸がなんとも可愛いです。

私のペンケースにはレッドが入っていますが、ペンケースを開ける度に気分が上がります。

書き味も、少々カリカリする感じはありますが、悪くもなくまぁまぁです。

珍しくラバーグリップがついているので、持った感じはすべらなくて快適です。

こちらもインクカートリッジはヨーロッパタイプでOK。





■Schneider(シュナイダー)

あまぞん

無題

引用元:https://www.amazon.co.jp

ドイツの文房具と言えば…なところがありますが、

有名どころのシュナイダーからも万年筆・ローラーボールペンが多数出ています。

値段も1,000円以下のものから、数千円のものと様々。

やはりデザインがポップで思い切ったものが多く、「ザ・ドイツ」って感じで好き。

書きやすさももちろん遜色ありません。

▼「Base(ベース)」も人気ですね!

あまぞん

無題

引用元:https://www.amazon.co.jp

「Base(ベース)」のように、右利き用と左利き用がある製品もあるので要注意です。

もちろんこちらも、インクカートリッジはヨーロッパタイプでOKです。


■HERBIN(エルバン)

あまぞん

無題

引用元:https://item.rakuten.co.jp/e-stationery/s_herbin_020/

最後はフランスのメーカーになりますが、

透明軸に「HERBIN」の文字がなんともかわいいこちら。

透明の軸なので中のインクが透けて見えるのが、なんとも…♡

カートリッジタイプは118mmとやや本体が短めで、

インクコンバータータイプは135mmと長め。

カートリッジタイプも使用時には140mmと適度な長さになるので

もちろん書きづらいということはありませんよ!

こちらもインクカートリッジはヨーロッパタイプでOK。

いかがでしたでしょうか。

ペンの軸が長いものは、予備のインクカートリッジが1本入るように

なっている場合が多いので、持って出かけても安心です!

お気に入りの1本とノートを持って、出かけてみてはいかがでしょうか?

どこでどんなことを書こうかワクワクしてきますね!

IMG_20190530_115415

では、今日はこの辺で。

スポンサーリンク
336*280
336*280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336*280