イラストに使うボールペンはコレで決まり!単色~多色までおすすめ6選

こんにちは。まあしゃです。

あなたはボールペンでイラストを描いたことがありますでしょうか?

インクが出すぎても出なさ過ぎても書きづらいので、

本当にイラストに向いている&自分に合っている&デザインが気に入るボールペンを

自力で探すのは、なかなか骨が折れることかと思います。

ましてや、季節は忙しい師走。

クリスマスカードを書いたり、年賀状を書いたり、新しい手帳に予定を書き込んだり…

イラストを書きやすいボールペンを、

文房具屋さんで悠長に探す時間がない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、イラストを描きやすいボールペンをご紹介したいと思います。

参考にしていただければ幸いです!




①<三菱鉛筆>ユニボール シグノ 極細シリーズ

単色 多色

あまぞん

引用元:https://www.mpuni.co.jp

「極細シリーズ」(キャップ式)は0.28mm/0.38mm/0.5mmの3通り。

「スタンダードシリーズ」(キャップ式)は0.5mm/0.8mmの2通り。

1.0mmの「太字」タイプもあります。

ちなみに、消しゴムで消せる「イレイサブル」タイプもありますよ。

「エンジェリックカラー」は0.7mmのみになりますがカラーバリエーションが8色

ラメ入りの「スパークリング」もカラーバリエーションが8色あるので

色々な用途に使うことが出来ます♪

▼ユニボールシグノ エンジェリックカラー

あまぞん

引用元:https://www.mpuni.co.jp

そして何と言っても、”顔料インク”なので水に滲みにくいのが特徴。

インクの出も均一で、なめらかで、変色もせず、滲みづらいので、

イラストを描くのにもってこいなボールペンです。

そしてこの”ユニボール シグノ”インクですが、

同じ三菱鉛筆製品であるカスタマイズペン「スタイルフィット」

インクにもなっているため、多色ボールペンにして使用することも可能なのです!

▼「スタイルフィット」

あまぞん

引用元:https://www.mpuni.co.jp

その場合はカラーバリエーションも16色に増え、

単色のものより豊富なので、より楽しむことができますよ。

▼「スタイルフィット」リフィルのカラーバリエーション♡

ボール径 全3種類×カラーバリエーション 全16色

引用元:https://www.mpuni.co.jp

ちなみに「スタイルフィット」は

ボールペンでイラストを描く際、私が一番おすすめしたいボールペンです。

ホルダーには最大5本のリフィル(5色)が入りますし、

滑らかなゲルインクなので、ストレスなくイラストを描くことができますよ。





②<Pentel>エナージェル

単色 多色

あまぞん

ノック式エナージェル

引用元:http://www.pentel.co.jp

お次も有名だと思います、エナージェル。

こちらもインクがスムーズに均一に出るので、イラストに向いています。

滑らかな描き心地のファンは多いです。

単色では…という方には3色ボールペンもございます。

4色ボールペンは、残念ながら2018.12時点ではないようです。

▼エナージェル3色ボールペン

あまぞん

無題

引用元:http://www.pentel.co.jp


③<PILOT>ハイテックC

単色 多色

あまぞん

ハイテックC

引用元:http://www.pilot.co.jp/products/pen/ballpen/gel_ink/hitecc/

こちらもイラストを描く方なら、一度は使ったことがあるのではないでしょうか。

細いながらもインクがしっかり均一に出るので、これもまたイラストに向いています。

黒を入れて10色と、カラーバリエーションが豊富なのも◎

ただペン先が細いので、

力を入れすぎると曲がってしまう…というデメリットもあります。

また、こちらのインクは同社「ハイテックCコレト」という製品にも使われているため

多色ボールペンとして使用することもできます

▼ハイテックCコレト

あまぞん

引用元:http://www.pilot.co.jp/products/pen/ballpen/gel_ink/coleto/

こちらは最大5本のリフィル(5色)を格納可能なので、

1本分のスペースで5色のインクを持ち歩くことができます。

①でご紹介した「スタイルフィット」同様、

手帳などにイラストを描きたい!という方にはもってこいです。

スタイルフィットほどではない印象ですが、ボディのデザインも豊富ですよ。

ちなみにシャープペンシルリフィルはもちろんのこと、

消しゴムリフィルもあるのでとても便利です。

▼定期的に発売される数量限定デザイン例♡

ハイテックCコレトviviコラボ-511.jpg

引用元:http://www.pilot.co.jp/press_release/2018/06/12/_vivi.html





④<PILOT>アクロボール

単色 多色

あまぞん

アクロボール

引用元:http://www.pilot.co.jp/products/pen/ballpen/oil_based/acroball/

こちらもよく売られているのを目にします。

耐久性のある油性ボールペンながら、書き出しもなめらかでイラスト描きやすい1本。

たまに限定デザインも発売されます。

こちらももちろん、

シンプルなデザインですが多色ボールペンもあります。

▼アクロボール3+1

あまぞん

アクロボール2+1/3+1

引用元:http://www.pilot.co.jp


⑤<三菱鉛筆>ジェットストリーム

単色 多色

あまぞん

引用元:https://www.mpuni.co.jp

お次は安定のジェットストリーム。

文字を書く等の用途で使用する方が多いと思いますが、

滑らかな描き心地なのでイラストを描いても違和感はありません。

イラストだけがっつり描きたい!という用途には向かないかも…)

単色のカラーバリエーションも意外と豊富。8色あります。

▼ジェットストリーム カラーインク

あまぞん

引用元:https://www.mpuni.co.jp

多色ボールペンもあります。

こちらは、キャラクターものなどデザインが豊富なのが嬉しいですね。

▼ジェットストリーム3色/4色ボールペン

あまぞん

引用元:https://www.mpuni.co.jp

「手帳やカードに文字を書く機会が多い…でもイラストも描きたい!

軸のデザインは可愛いのがいい!」という方にはいいと思います。

▼数量限定デザインの3色ボールペン♡

引用元:https://www.mpuni.co.jp

今のところ、4色ボールペンは3色ボールペンと比べて

そこまで多くの可愛いデザインが出ていなさそうです。





⑥<ZEBRA>サラサ

単色 多色

あまぞん

無題

引用元:https://www.zebra.co.jp/pro/sarasa/index.html

こちらもファンが多い、ゼブラのサラサ。

インクの出が良く均一で、滑らかな描き心地なので

文字はもちろん、イラストを描くのにも向いています。

「サラサ」よりもクリップが挟みやすくなった「サラサクリップ」が主流になっていますが、

そちらは定期的に限定デザインが発売されるので、

文房具屋さんに行く度に楽しませてくれます。

▼「サラサクリップ」限定デザイン例♡

引用元:https://www.zebra.co.jp/press/news/2018/0628_1.html

また、「サラサクリップ」のカラーバリエーションの豊富さは圧倒的

なんと51色もそろっているのです。

▼サラサクリップ

あまぞん

SARASA CLIP 気持ちまで、描ける。 51colors

引用元:https://www.zebra.co.jp/pro/sarasa-clip/

そしてそして、インク色は限定されますが、多色ボールペンもあります。

▼サラサ3

あまぞん

無題

引用元:https://www.zebra.co.jp/pro/sarasa3/index.html

当然サラサの書き心地はそのままに、

「サラサマルチ」という4色+シャープペンの多機能ボールペンもありますが

それもまた定期的に限定デザインを発売しているので、目が離せません。

▼「サラサマルチ」数量限定デザイン例♡

引用元:https://www.zebra.co.jp/press/news/2014/0605_2.html

いかがでしたでしょうか。

個人的には、ボールペンでイラストを描くなら

以下の条件を満たしたボールペンがベスト!だと思っています。

なので私の場合は、スタイルフィットに落ち着きます。笑

  • 1本のペンで沢山の色をカバーしてくれること ➡だから5色入るのがベスト♪
  • インクが均一に出て渇きが良いこと ➡ゲルインクがベスト♪
  • ペン先は太すぎないこと ➡0.5mmくらいがベスト♪

あとは、あなたがどのようなシーン/頻度で何色使うのか…などを鑑みて、

自分にピッタリのペンを見つけてみて下さいね!

では、今日はこの辺で。

スポンサーリンク
336*280
336*280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336*280