手にメモを取るあなたに朗報!ペンで書くウェアラブルメモwemo

こんにちは。まあしゃです。

ありがたいことに、このブログで

”ある製品”の紹介をしてほしい、とお声がかかりました。

(記事にするまでに時間がかかりました…スミマセン)

その製品とは、巷で話題になっているウェアラブルメモ「wemo」です。

株式会社コスモテックさんが出している製品。

まずはどんな製品なのか?簡単にご説明しておくと。。。

あなたも一度はやったことがあるのではないでしょうか。

▼コレ。

IMG_20190124_152147

メモ帳を出すのがめんどくさくて。

メモ帳に書いても見ないので、忘れてしまう気がして。

手にメモをした経験が…!

私はあります。

でも、一度メモをしたらなかなか消えない

消す為にはゴシゴシ洗わないといけないし

見栄えも悪いし…できれば避けたいですよね。

かと言って

メモ帳をバッグやポケットから取り出してメモして、後でまた取り出して見返す。

非常に面倒。わざわざメモ帳を持ち歩くこと自体、億劫だったりします。

水をよく使う仕事についている方や(メモ帳がシナシナになっちゃう…)

スピード命の職場で働いている方なんかは、特にそうなのではないでしょうか。

悠長にメモ帳を出したりしまったりしている時間すら、勿体ないですよね。

そこで開発されたのが、この「wemo」という製品なのです。



なんと油性ボールペンで書ける!…「消えない」時はどうする?

今回は、仕事現場で活躍している「消せるタイプ」のレビューをしたいと思います。

こちらは238mmと余裕たっぷりサイズの”シリコンバンド”になっていて

手にペロンと巻き付けることができるようになっています。

もちろん水に濡れてもメモが消えることはないので、このまま手も洗えます

▼しっとりした手触りで、巻き付けてもストレスを感じません。

IMG_20190124_143958

油性インクのボールペン(BICのクリックゴールド)で試し書きしてみました。

しばらく使っていなかったペンなので、最初はインクが出づらかったですが

書き始めたら「そこそこ書きやすいなぁ」という感想。

※使えるのは「油性ボールペン」であって「油性マジック」ではないのでご注意を!

▼試し書き。

IMG_20190124_144021

そして指でこすればメモを消すことができる、ということなので

ゴシゴシこすってみます…。

▼おお、消えた!

IMG_20190124_144100

指に黒い汚れがつきましたが(当たり前っちゃ当たり前か)

wemoに書いたメモは、指1本で消すことができました。

ただちょっと跡が残って気になったので

今度は消しゴムを使ってみます。

▼消しゴムでゴシゴシ…跡も綺麗に消えました!

IMG_20190124_144202

もちろん跡と言っても、本当にうっすらなので

多分気にならない人は気にならないと思います。

1日の終わりに、消しゴムでちょこっとメンテナンスするくらいで充分、

綺麗な状態を保つことができると思いますよ。

ちなみに…注意事項
■芯径が細いボールペンを使うと跡が残りやすいので、0.7mm推奨
ジェットストリームは使用NG!(インクが特殊なため跡が残る)
■メモを長時間放置するのはNG!(消えなくなる場合あり)
鉛筆・水性ペンは使用NG

色々と注意事項はありますが、要は

「0.7mm以上の油性ボールペンを使用して、メモを書きっぱなしにしないでね!」

ってことですね。



気になるwemoの口コミは?看護師さんにも好評らしい

wemoがどんな人に使われているかと言うと、具体的には…

  • 看護師/消防/救助
  • 学童保育指導員
  • 図書館司書
  • ADHD患者
  • 発達障害児の母
  • 弁護士
  • 栄養管理師
  • 酪農家/農家
  • 製造/建設
  • スパ施設運営
  • 配送業
  • 旅行ブロガー
  • 警察官
  • 検針員
  • 主婦
  • サーキットスタッフ
  • ゴルファー/マラソンランナー

などなど、様々な方に、様々な現場で愛用されているようです。

「消せるタイプ」(バンド)に関して

実際どのような口コミがあるのか、まとめてみました。

〇「買ってよかった!」な口コミ
■せっかく書いたメモを、なくす心配がなくなった
■いちいちメモ帳を出し入れする手間が省ける
■思いついたアイデアを、忘れる前に迅速にメモできる
■カバンの取っ手などにも巻き付けておくことができる
”動き回る”且つ”人と会話をする”頻度の高い人にとって、かなり便利なアイテム

△「ここは注意した方がいいかも…」な口コミ
■長袖だと、袖が文字に触れて色移りすることがある
■通気性がないので、外で使っていると、夏場は蒸れて暑い(服の上から使うことで解消)
■半日~一日置いておいただけで、文字が完全には消えなくなる場合がある
■「手首に着けたままだと書きづらい」と感じる場合がある
■(白は)シップに見えて心配される

見てみると、購入した7~8割の方が満足しているようです。

「注意した方がいい点」もいくつかありますが…

服の上から着用したり、毎日メンテナンスをしたりすることで

ある程度は解消できそうですね!

ちなみに、ラインナップは2019.1時点で以下の通り。

無題

引用元:https://www.wemo.tokyo/

「消せるタイプ」(バンド)は目立つから嫌だ…という方向けに

「隠せるタイプ」も近々発売されるようなので、要チェックです!

▼また、メモパッドとして繰り返し使える「パッドタイプ」や…

無題

引用元:https://www.wemo.tokyo/product-pad

▼スマホやタブレットの「ケースタイプ」…

無題

引用元:https://www.wemo.tokyo/product-case

▼「貼れるタイプ」などバリエーション様々!

無題

引用元:https://www.wemo.tokyo/product-sticker

「貼れるタイプ」は、フィルムをバンドに貼って使用するのですが

記入済のフィルムをはがして、そのままノートや手帳に貼ることができるので

転記が不要という優れもの。時間を無駄にしたくない人にピッタリです。

いかがでしたでしょうか。

もはや「文房具」という一言では語れないようなアイテム、wemo。

作業の中の余計な”手間”や”無駄”をなくすことができそうです。

ぜひ試してみて下さいね!

では、今日はこの辺で。

スポンサーリンク
336*280
336*280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336*280