手帳の選び方ってどうしたらいい?大学生や主婦、ビジネスマンへおすすめの選び方

こんにちは。まあしゃです。

皆さんは手帳をどのような基準で選びますか?

デザイン性?

機能性?

個々に基準があることと思います。

そしてその基準で選んだその手帳は、本当に自分に合った手帳でしょうか?

大学生などの学生さん、主婦の方、ビジネスマンの方など、

それぞれの立場でそれぞれに適した手帳を選ぶことで

勉強や仕事の効率アップを図ることができると思うのです!

と言うわけで今回は、手帳の選び方についてお話しようと思います。

もうすぐ2016年も終わり!ということで、手帳選びで迷っている方の参考になれば幸いです。



手帳の魅力とは

最近は携帯電話で、スケジュール管理もいとも簡単にできてしまいますよね。

わざわざバッグから手帳を出して確認せずとも、

ポケットに入っている携帯電話を見る方が速い。

わざわざ手帳を購入して使う方は、昔と比べて減ってきているのではないでしょうか。

でもそんな中でも、やはり目に見える形で管理をしたい!という方も多くいらっしゃいます。

私もその一人。中学生の頃から毎年買い替えて、ずっと手帳を愛用しています。

書くことが好きで苦にならないので、それも手帳を使うことができる要因かもしれません。

システム手帳も一時期(小学生の時に)凝ったのですが、

毎年違うデザインで楽しみたいので、一年ごとに買い替えるようにしました。

手帳の魅力の一つと言えばやはり、”デザイン”ですよね。

好きなキャラクター、色、柄、大きさ、厚み

それぞれ好みに合ったものを自分で選ぶことができる、そんな楽しさがあります。

「今年はどんな手帳をお供にしようかな」と選んでいる時間も楽しいものです。

そして次に、自分だけの1年間の記録を完成させることも、

魅力の一つであるように思います。

あの日にあの人と食事に行った。

あの日にこれができるようになった。

あの日に怒られた。

あの日に素敵なことが起こった。

そんな一日を忘れないように、しっかりと1ページ1ページ刻んでいく。

そしてそれを、新しい手帳に変えるその時に見返してみる。それが楽しみでもありますよね。

でも、自分に合っていない手帳を使っていた場合はどうでしょうか。

書きづらいと感じて使うのをやめてしまったり。

デザインが好みではないから、毎回使うのが楽しくなかったり。

おそらく、一年間を通して使うことはできないのではないでしょうか。

今回は、一年間を通して手帳を有効活用すべく、

立場別の手帳の選び方について言及していきます。

そもそもの選び方についてと、おすすめの使い方について簡単に、お話しようと思います。

少しでも参考になれば幸いです。

おすすめの手帳の選び方~主婦編~

子育てをしながら、たまにママ友とランチに行って。

あぁ、あの日は旦那さんが飲み会だって言っていたから夕飯はどうしよう。

来週は授業参観だった!スーツをクリーニングに出さないと!

あ、旦那さんのスーツも預けてるんだった、それも取ってこないと!

あの日は旦那さんの実家に行くんだ、手土産とか要るかな、いつ買おう!

毎日、自分の予定はもちろんのこと、

家族のスケジュールも視野に入れながら行動しています。

本当に、やることも沢山です。

何せ、家族全員分のことを担っているわけですから。

なので、タイムスケジュールの細かい枠がある手帳が便利かと思います。

所謂バーチカル手帳ですね。毎日の予定を時系列で管理することができます。

▽ バーチカルページ

引用元:http://store.shopping.yahoo.co.jp/mita-webshop/opi-sn7-a5.html

使い方としておすすめなのは、色分けです。

自分の予定はピンク、子供の予定は緑、旦那さんの予定は青…と言った具合に、

好きな色で色分けして予定を書き込んでいきます。

そうすると自分自身の予定とごちゃごちゃにならないので、

家族が多くても見やすくなります。

また、全ての予定を時間別に書き込んでいくことによって空いている時間が可視化され、

先の予定もどんどん前倒しでクリアしやすくなっていきますよ。

ToDoリストがついているものが望ましいですが、

なければ最近は、かわいいToDoリスト付箋なるものが販売されていますので、

そちらを活用してもいいかもしれませんね。

今週中・今月中のTODOを書き込んで貼っておき、

空いた時間に簡単なものからどんどんこなしていけば

週末・月末に慌てることもなくなります。

ちなみに…

高橋書店から「ファミリー手帳」というものが出ています。

家族4名まで名前を書いて、それぞれの予定を管理できるという

ありそうでなかった代物です♪

<高橋書店>ファミリー手帳

無題

引用元:https://www.takahashishoten.co.jp/notebook/31361.html




おすすめの手帳の選び方~社会人・ビジネスマン編~

4ae4d75700e6b09ef7cafbdc820a8cd7_s

社会人にもなると、時間の管理はできて当たり前の世界。

1分でも遅刻しようものなら、信用を失ってしまいます。

一度失った信用は取り戻すのに相当な時間と労力を必要とします

したがって、社会に出たからにはきちんと責任感を持って働きたいものですね。

やはり手帳での時間・スケジュール管理は必須です。

上司やお客様の前で携帯電話を出してスケジュール管理をするわけにはいきません

ただ携帯電話をいじっている人のように見えてしまいますから。

タイプとしては、

マンスリーページとタイムスケジュールページのあるものが好ましいと思います。

マンスリーページにはプライベートの予定を書き込む。

そしてタイムスケジュールページには仕事の予定を書き込む。

これで、予定が重なることはありませんし、確認もすぐにできますね。

ついでにもう一つ、メモが沢山とれる大判の手帳が便利だと思います。

(メモ部分の入れ替えができると尚よし!)

ミーティングなどでメモをとる際にページが小さいと書きづらいですし、

すぐに埋まってしまいます。

思い切り広いページに書いて、のびのびとしたアイデアが浮かびやすい環境づくりを、

手帳から始めてみてはいかがでしょうか。

おすすめの手帳の選び方~学生(受験生・小学生・中学生・高校生・大学生)編~

勉強計画の手帳

引用元:http://www.ikstudie.com/articles/323

使う年代はそれぞれですが、勉強の予定を立てやすい手帳選びをしましょう。

やみくもに勉強することほど効率の悪いことはありません。

「頑張っていれば大丈夫」ではないのです。「正しく頑張る」必要があります。

この日までにこの参考書を勉強し終えるんだ。

この日までに単語を500個マスターするんだ。

この日に先生に質問できるからしてみよう。

なんでも思いついたことはすぐに書き込んで、予定を立ててみること。

そしてその通りに実行すること。

あまりに無理な計画を立ててしまったときは途中で反省して、練り直すこと。

この繰り返しが大切になってきます。

まずはしっかりとした手帳選びをして、

それが実現できる環境づくりをしていくとよいですね。

一日の書く欄が大きいものの方が見やすいですし、リスケする際にも汚くならないですよ。

マンスリーページで一か月の大まかな予定を立ててから、

ウィークリーページで細かな予定を立てていくのがおすすめです。

いかがでしたでしょうか。

文房具屋さんや本屋さんへ行って手帳をパラパラと眺める際は、

どのような使い方をするかしっかりとイメージしてから購入すると、

一年間大切に気持ちよく使いとおすことができると思いますよ。

ちなみに余談ですが、プレゼントされて困るものの一つに手帳があります(体験談)。

まず、デザインやサイズ自体が自分の好みではないことが多い。

そして、中身も自分のライフスタイルに合っていないことが多い。

やはり手帳は、自分で手に取って選ぶのが一番です!

手帳をどなたかにプレゼントにしようと考えている方は、

きちんとヒアリングをした上で選ぶか、一緒に買いに行くと喜んでもらえると思いますよ。

では、今日はこの辺で。

スポンサーリンク
336*280
336*280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336*280