クルトガの種類・値段の違いが知りたい!人気シャーペンはバリエーションも豊富!

皆さん、クルトガを使ったことはありますか?

どこの文房具屋さんに行っても、置いていないところはないくらい有名になりましたね。デザインも本当に豊富で、次から次へと新しいデザインが発売されているイメージです。

今日は、そんなクルトガの種類や値段についてお話しようと思います。

これから購入を検討中の方も、もう持ってるよーという方も、種類が沢山あるようなので楽しんで読んでいただければと思います。購入する際の参考になれば幸いです。



クルトガの構造

クルトガはその名の通り、くるっと芯が回って尖り続けるシャープペンです。三菱鉛筆のホームページでは以下のように説明されています。なかなかいいネーミングですよね。

シャープペンの芯先に初めて注目して、新開発した機構です。
機構内部が3つのギアに分かれており、芯に連結された中ギアが、文字を書くときの筆圧を利用して、上下に運動します。
上下のギアと斜めに噛み合うことで、一画書く度に中ギアと芯が少しずつ回転します。

引用元:http://www.mpuni.co.jp/products/mechanical_pencils/sharp_pen/kurutoga/standard.html

販売されてからしばらくは、文房具屋さんで目にはするものの興味がなかったのですが、結婚式場の司会の女性の方が、打ち合わせの時に使っていまして。

とても美しくスラスラと文字を書いていて、「うわぁ素敵!欲しい!買う!」と思ってしまったのです(笑)相変わらずの影響のされやすさというか、ミーハー具合です。

img_20161116_112303

そして早速、翌日の会社の休憩時間に記念すべき1本目を買ってみました。ピンクのシンプルなやつです。

商品画像

引用元:http://lohaco.jp/product/652538/

最初は文字を書いてみても「ん?なんかペン先がグラグラするな」という感触だったのですが(独特のギアを使っているからそう感じただけでした)、書き進めていくと、なるほど本当に文字の太さが変わらない!!そして心なしか、字が安定して綺麗に書けている気がする…。一度これを使ったらなかなか普通のシャープペンシルに戻せなくなりそうな感じ。

img_20161116_112329

そしていつの間にかノーマルデザインの他にもちょこちょこ買い足し…。また何本も所有している次第であります。安くないのに…。本当に、文房具にいくら費やしているのかわかりません。



人気はディズニー(プリンセス)・スヌーピー・キティちゃん・ポケモンなどのキャラクターデザイン。値段は?

デザインは、文具コーナーを見てみると、クルトガに関しては本当に沢山の種類が並んでいますね。次から次へと出てくるので、欲しいものを全部買っていたら追いつかないくらいです。毎回文房具屋さんに行くと、欲と財布との葛藤が始まります。

ディズニーは本家のキャラクターに加えて、プリンセスシリーズも多く発売されていますよね。私は年甲斐もなくラプンツェルシンデレラを買いました。

ディズニー以外では、スヌーピーのデザインを何本か持っているのと、「魔女の宅急便」のキキのデザインのものを軽井沢で見つけて購入。

▽ 速攻でレジに持って行ったジジデザイン。

img_20161116_112251

何故かめっちゃ高いけどAmazonにもありました…。

魔女の宅急便 シャープペン クルトガ 窓辺のジジとリリー

▽ まだ開封していないものも…。

img_20160928_215952

ノーマルのものは450円+税ですが、スタンダードタイプでもキャラクターものになると、700~800円くらいはするみたいです。

私もレジに持って行って初めて「え!?高!あ、キャラクターのデザインだからか!」と思った記憶があります(笑)

当たり前ですが、購入の際はちゃんと金額を見るようにしてくださいね!それぞれで金額が異なりますので。



スタンダードタイプ以外のバリエーションも!おすすめは?

三菱鉛筆 シャープペン クルトガ ラバーグリップ 0.5 M56561P.24 ブラック(👈クリックして購入できます。)

ラバーグリップがついていない(つるつるの)ものがスタンダードなデザインですが、ついているものもあります。その場合もちろん金額は650円+税と通常よりは高くなりますが、長時間書き続ける方頻繁に書く機会がある方は、こちらの方が合っているかもしれません。手が疲れてしまっては捗るものも捗りませんし!

▽ ラバーグリップ付

引用元:http://www.mpuni.co.jp/products/mechanical_pencils/sharp_pen/kurutoga/grip.html

三菱鉛筆 シャープペン クルトガ ローレット 0.5 M510171P.43 ガンメタリック(👈クリックして購入できます。)

他にも、もう少しコストがかかってもよいと言う方には、少し高級なローレットモデル(1000円+税)もあります。こちらはスタンダードモデルよりもボディ部分の強度がアップし、上質感を出した商品。グリップ部分はその名の通りギザギザ加工になっていますので、滑りにくい造りになっています。低重心設計なので安定した文字が書けますよ。

▽ ローレットモデル

引用元:http://www.mpuni.co.jp/products/mechanical_pencils/sharp_pen/kurutoga/roulette.html

三菱鉛筆 シャープペン クルトガ ハイグレード 0.5 M510121P.1 ホワイト(👈クリックして購入できます。)

ハイグレードモデルはグリップの部分がアルミになっており、こちらもスタンダードモデルと比較すると見栄えがよいです。こちらも低重心設計なので安定した文字が書けますよ。ただ、手が乾燥する季節になるとアルミのグリップはやや滑りやすいと感じるかもしれません。高級志向だけれどもアルミが好みでないという方は、ローレットモデルの方がおすすめです。

▽ ハイグレードモデル(1000円+税)

引用元:http://www.mpuni.co.jp/products/mechanical_pencils/sharp_pen/kurutoga/high_grade.html

三菱鉛筆 シャープペン クルトガ パイプスライド 0.5 M54521P.24 ブラック(👈クリックして購入できます。)

芯が折れないパイプスライドタイプもあります。パイプが芯を守りながら一緒に長さを調節してくれるので、芯があまり出ていないように見える状態でもしっかりと筆記することができます。もちろん、クルトガの良さはそのままに、です。見た目はスタンダードタイプとあまり変わりませんね。

▽ パイプスライドモデル(450円+税)

引用元:http://www.mpuni.co.jp/products/mechanical_pencils/sharp_pen/kurutoga/pipe_slide.html

などなど。

沢山バリエーションがありますが、結局はグリップ部分・重さ・デザインが選ぶ上で大事なポイントになるかなという印象です。豊富にバリエーションがありますので、自分のイメージや用途に合ったものを探してみて下さいね。



三菱鉛筆 シャープペン ユニアルファゲル クルトガ 0.5 M5858GG1P.33 ブルー(👈クリックして購入できます。)

ちなみに私はユニαゲル搭載タイプ(850円+税)なるものを購入してみました。

グリップ部分がかなり柔らかいゲルで、長時間書いても手が疲れませんので個人的におすすめです。ただ少し太いので、細いシャープペンがいい方は無難にラバーグリップがついているタイプのものの方がいいかもしれませんね。

▽ ユニアルファゲル搭載タイプ

img_20160928_220005

芯の太さは0.3/0.5/0.7の3種類。専用の芯でなければならないの?

芯はクルトガ専用のものが発売されていますが、私は購入したことはありません。通常の芯を使っていますが特に困っていないので、そこまでこだわりがない方はそれでいいのではと思います。

ちなみに、クルトガ専用の芯は中心部分と外側の芯の硬さが異なる構造になっているため、よりなめらかな書き味を楽しむことができるのだとか。

引用元:http://www.mpuni.co.jp/products/mechanical_pencils/sharp_pen/kurutoga/pipe_slide.html

ケースも本体同様、可愛いデザインのものが多い印象です。クルトガしか使わない方はこちらの芯を購入してみて下さいね。ケースが細いのでペンケースに入りやすいのも地味に有り難いポイントです。

▽ クルトガ替芯(ディズニー)

【新商品】クルトガシャープ替え芯ディズニーデザインHB芯20本入【ご選択:アリエル(HB.AR)ドナルドP(HB.DP)ミニーR(HB.MR)ラプンチェル(HB.RA)】ユニ0.5-253DS1P★0.5mm芯シャープペンシル替芯シャーペンの芯替え芯クルトガ用★【3cmメール便OK】

引用元:http://item.rakuten.co.jp/akgshop/mtb-u05-253ds1hb/

芯の太さは好みでいいかと思いますが、勉強に使うのであれば無難に0.5あたりがいいかと。特殊なシャープペンシルだからと言って、筆圧が強い方は0.3は避けておいた方が無難かもしれませんね。

0.7は小学生がノートに書きやすいようにということで発売されたそうなので、中高生以上の方はやはり0.3や0.5あたりがいいのではと思います。もちろんあくまでおすすめなので、この辺りは好みで使い分けてみて下さい。



クルトガの評価

書き味:★★★★★

持ちやすさ:★★☆☆☆(ラバーグリップ★★★☆☆)(ユニアルファゲル★★★★☆)

サイズ:★★★★☆

デザイン性:★★★★☆

コスパ:★★★☆☆

ペン先にオレンジのエンジンが見えているのがクルトガの特徴でもありますよね。あれがなければデザイン性は★5つでしたが、4つにしておきます。本体の柄は沢山バリエーションがあって素晴らしいのですが、どうしてもその部分が気になりまして…。

グリップ部分に関してはバリエーションの中から自分が使いやすいであろうものを選んで頂ければと思いますが、個人的には高級志向のモデルよりも、ラバーグリップの方が使い慣れていて好きです。

使い心地については、実際、クルトガを使ったあとに通常のシャーペンを使ったらなんだか違和感がありました。そのくらい使い慣れると心地いい商品だということですね。

意外とすぐに太くなってしまう文字を、いちいち自分でシャープペンシルを回して修正する…その作業がこれまでは当たり前になっていましたが、結構面倒なんだなと実感しました。

いかがでしたでしょうか?

皆さんも、まだ試したことがない方はぜひ使ってみて下さいね。

デザインがとにかく色々あるので、見に行くだけでも楽しいですよ。ただ、キャラクターものは店によって置いていたり置いていなかったりなので、お目当てのものはネットで購入してしまうのが確実で早いかもしれません。

スポンサーリンク
336*280
336*280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336*280

コメント

  1. お肉お肉お肉お肉お肉お肉お肉