消せるボールペンを仕事にも!高級軸デザインが素敵

こんにちは、まあしゃです。

皆さんは消せるボールペンをお持ちでしょうか。

消せるボールペンとは、60度以上温度で消える特殊なインクを使ったボールペンのこと。専用のラバーで擦ることによって摩擦熱を発生させ、文字を消すことができる仕組みになっています。

消せるので手帳などでのスケジュール管理も紙面を汚さずにできますし、ミーティングでのメモも綺麗にまとめることができ、様々な使い方があるので人気ですよね。

今回はそんな消せるボールペンの「高級デザイン」にフォーカスしてみたいと思います。

ビジネスシーンでも活躍してくれそうなものばかりですので、ぜひお気に入りの1本を見つけてみて下さいね。




①伊東屋 ITOYA110 イレーサブルボールペン 

無題

引用元:https://www.amazon.co.jp

まずはこちら、伊東屋さんのイレーサブルボールペン。

カラーバリエーションは赤・紺・白・黒があるので男女共に選択しやすくなっています。個人的には白が可愛いので好み。

3,800円+税とお高めですが、その分金属製で重厚感があります。

ただ、イレーザーが本体についておらず別になっているので、その点は好みが分かれるところかと思います。「これ1本持っていれば安心!」と言うわけではなく、この本体プラスイレーザーを持ち運ばなければなりません。そこまで頻繁に消さないかな、と言う方には向いているかと思われますが…。

②パイロット フリクションボール2ビズ

無題

引用元:https://www.amazon.co.jp

消せるボールペンと言えばフリクションですよね。人気がある分、様々なデザインが揃っているのが有難い。カラーバリエーションも豊富なので迷ってしまいます。

こちらも3,000円+税…なかなか高い…でもその値段に見合うだけの高級感を醸し出しています。黒と赤2色のインクを内蔵しているデザイン。細さも太くないのでスマートな見た目です。重みも程よくあって、しっくりきます。

ただ、ラバー部分にキャップが付いているので(高級感を出すには仕方なかったものと思われますが)、その一工程があるが故の面倒さは拭えません。高級感という面では文句ないですが、使用感は好みが分かれるかも。





③フリクションポイントビズ

無題

引用元:http://www.bunbouguyasan.com/NewItems.asp?Code=663

こちらも3,000円+税とお高めなだけあって、フリクションの中でもなかなかデザイン性に長けた1本。革の手帳や胸元に差していても見栄えがします。見た目重視派にはおすすめです。

ただ、繊細な造りなのか、耐久性には難ありと言う声も…。

落したり少しでも乱暴に扱ってしまうと本体が折れてしまうことがあるそうなので、扱いは丁寧にする必要があるかもしれませんね。心配であれば店頭で実際に手に取ってみて購入することをおすすめします。

④フリクションボールノックビズ

無題

引用元:https://www.amazon.co.jp

一般的によく使われているフリクションノックの高級バージョンです。値段も2,000円+税と比較的リーズナブル。

単色でシンプルな構造ながら高級感があるデザインなので、男女ともに、また公私ともに使用しやすいのではないかと思います。

ただ、高級デザイン故に仕方がないのですがイレーザー部分がこれまたキャップ式なので、使用感に関しては好みが分かれるかもしれません。

⑤フリクションボールスリム ビズ

無題

引用元:https://shopping.yahoo.co.jp/?sc_i=shp_pc_store_MHD_logo

こちらは「フリクションボールビズ」の本体をスリムにしたデザイン。

かなり細身なので、手の大きな方は使っているうちに疲れてしまうかもしれません。もちろん、長時間使い続けなければ問題はないと思います。

個人的にはこのデザインで1,000円+税という価格はやや高いかな…?と言う気もします。その辺りは個人の価値観なので参考までに。

いかがでしたでしょうか。

消せるボールペンが誕生してから意外と年数が経っているので(フリクションは誕生10周年だそうです)、デザインにも幅が出てきていますよね。今後に更に期待です!

では、今日はこの辺で。

スポンサーリンク
336*280
336*280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336*280