水性ボールペンは消しゴムで消せるの?上手な使い方とは

皆さんは水性ボールペンをよく使用しますか?

インクが均等に出ますし、乾きが速いので私はイラストを描く際などに使用しています。軽い力で文字を書くことができますし、1本ペンケースに入っていると何かと便利ですよね。

今回は、そんな水性ボールペンに関するお悩みについてお話をしようと思います。

よく、ゲルインクボールペンのことを水性ペンだと勘違いしている方がいらっしゃいますが(おそらく油性ボールペンではない=水性ボールペンだ!と思われているのかと…)、ゲルインクボールペンと水性ボールペンは全くの別物です。

詳細については過去記事「ボールペンの字・インクが汚いのが嫌だ!履歴書を綺麗に書く方法」にも記載しておりますので、もしインクの違いがよくわからない!という方がいらっしゃいましたらぜひご参照下さい。



水性ボールペンを使う場合、紙の選択が大事

水性ボールペンはその名の通り水分が含まれています。

吸水性の良い紙であればすぐに水気が吸収されて渇くので、すぐに触ってもインクが手についてしまうことはありません。しかしながら、ツルツルと表面がコーティングされた紙に書くと、全く水分が吸収されないため、すぐに触るとインクが手に付くどころか、インクが取れて文字が消えてしまうのです。

したがって、水性ボールペンで筆記する際には吸収性のよい紙を使う必要があるというわけです。普通に市販されているノートの殆どが吸水性の良い紙質で出来ているので、ほぼ心配は要りません。ただ、表紙などツルツルした面には水性ボールペンで筆記することはできないので注意が必要です。

▽ツルツルな紙(コート紙)

組版サービス

引用元:http://www.zassiprint.jp/?mm=info&dcate=guide2

水性ボールペンで書いた文字を消す方法は?

水性ボールペンも、吸水性の良い紙に書いた場合、他のペン類と同様消しゴムで消すことはできません。方法としては以下の3つが挙げられます。

  1. 修正液で消す
  2. 修正テープで消す
  3. 砂消しを使う

砂消しとはザラザラした粒子が含まれている消しゴムのことで、紙の表面をその粒子で薄く削って文字を消すためのものです。もちろん紙を削るので、薄い紙の場合は穴が空いてしまうこともあります。100均の安いノートなどは紙が薄いものが多いので、この方法で字を消す場合は注意して下さい。

▽砂消し

モノ砂消しゴム ES-512A

引用元:http://www.tombow.com/products/mono_sunarubber/



水性ボールペンは書きやすいけど水に弱い?

水性ボールペンの中でも、染料・顔料に分類されることをご存じでしょうか。同じ水性でも、顔料は水に強く、染料は水に弱いという特徴があるのです。必ずパッケージに記載されているはずですので、購入する際には確認をするようにしてみて下さい。

▽水性顔料マーカー:水に強い

寺西化学工業 マジックインキ アクアテックスリム 水性顔料(細・極細 両用)10色セット MAQ70C-10【メール便可】 

引用元:http://www.komamono-honpo.com/stationery/marker/water/Teranishi/MAQ70C-10.html

▽水性染料マーカー:水に弱い

引用元:http://www.mpuni.co.jp/products/felt_tip_pens/water_based/pure_color/pure_color.html

顔料インクであれば雨などに濡れても滲みませんが、染料インクの場合は水に塗れたらアウトです。私自身経験があるのですが、水性染料マーカーで書類にメモを取っていた際にその上にコップの水滴が落ちてしまったことがあります。すぐに拭いたのですが、文字が滲んでかなり残念なことになってしまいました。

引用元:http://store.shopping.yahoo.co.jp/oriji/soak-coaster.html

ちなみに、そのような場合の拭き方としては、素早くティッシュやハンカチで上から押さえるようにして水分を拭ってあげると文字の滲みを最小限に抑えることができますよ。

▽水をかけてしばらく経ってしまった場合

img_20161219_110308

▽水をかけてすぐにティッシュで押さえるように拭いた場合

img_20161219_110240

いかがでしたでしょうか。

魅力的なメリットが沢山ある水性ペン。使い方を知って上手に付き合っていきたいものですね。また今後、おすすめの水性ボールペンに関する記事も書こうと思いますのでぜひご一読いただければと思います。

スポンサーリンク
336*280
336*280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336*280